fc2ブログ

『8 1/2』

8½
8½(1963)138分、1.85 : 1

8½監督:フェデリコ・フェリーニ 脚本:フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネッリ、エンニオ・フライアーノ、ブルネッロ・ロンディ
撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ 音楽:ニーノ・ロータ
出演:グイド・アンセルミ:マルチェロ・マストロヤンニ、ルイーズ・アンセルミ:アヌーク・エーメ、クラウディア:クラウディア・カルディナーレ、カーラ:サンドラ・ミーロ、バーバラ:バーバラ・スティール、マドレーヌ:マドレーヌ・ルボー

Amazon Prime Videoで観た。ヘンな映画だったなー。普通のドラマじゃない。ブッとんでる。創作に行き詰まった売れっ子映画監督が、現実と空想と過去が入り混じってどんどん追い詰められる。映像自体は楽しいものだけど、監督にとっちゃ辛い内容。フェリーニ自身の苦悩が映画になってるらしい。女性に対する優柔不断さは現実なのか妄想なのかわかんなくなってくる。イイ女、難しい女、嫌いなヤツ、うざいヤツ、いろんなのが出てきて追い詰める夢みたいな。ほんで最後は解放されてハッピー!総登場してワイワイ楽しく踊る。クラウディア・カルディナーレがめっちゃ魅力的なんだが、奥さんルイーズのアヌーク・エーメの冷めた感じもイイ。アサニシマサ〜!
    関連映画
  • 不倫する主人公は『甘い生活』(1960)
  • 『Nine』(2009)はミュージカル版リメイク
  • 影響された映画は『何かいいことないか子猫チャン』(1965)、『すべて売り物』(1968)、『ゴッドファーザー』(1972)、『レニー・ブルース』(1974)、『サスペリア』『イレイザーヘッド』(1977)、『オール・ザット・ジャズ』(1979)、『スターダスト・メモリー』(1980)、『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』(1984)、『未来世紀ブラジル』(1985)、『バロン』(1988)『フォーリング・ダウン』『フライング・ピクルス』(1993)、『パルプ・フィクション』(1994)、『ロミオ+ジュリエット』(1996)、『ワイルド・マン・ブルース』『ブラックアウト』(1997)、『CQ』『マルホランド・ドライブ』『千年女優』(2001)、『アダプテーション』(2002)、『ビッグ・フィッシュ』(2003)、『ライフ・アクアティック』(2005)、『アイム・ノット・ゼア』(2007)、『ブラザーズ・ブルーム』(2008)、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』(2013)、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(2016)
関連記事

tag : ドラマコメディメイキング監督クラシック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ