fc2ブログ

『ひまわり』

himawari.jpg
I Girasoli(1970)107分、1.85 : 1

ひまわり監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 脚本:チェーザレ・ザヴァッティーニ、アントニオ・グエラ、ゲオルギー・ムディヴァニ
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ、ダヴィド・ヴィニツキー 音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ジョバンナ:ソフィア・ローレン、アントニオ:マルチェロ・マストロヤンニ、マーシャ:リュドミラ・サベーリエワ

Amazon Prime Videoで観た。伊/仏/ソ/米合作映画。東部戦線に送られた夫が戦後になっても帰ってこない。奥さんのジョバンナがは何年待ったかわからんけど、ソ連に探しに行く。45分〜1時間10分がソ連捜索編。言葉の通じない地で、イタリア兵がいた場所を訪ねる。そこはめちゃくちゃ広大なひまわり畑。イタリア兵の墓標でもある。スタジアムは確かに人が集まる場所だけど見つかるわけないね。夫アントの写真を手に村を訪ね歩く。「マストロヤンニだ!」なんてワケない。そんな簡単じゃない。やっと見つけたら、わっかい奥さんと娘がいる。命の恩人とデキちゃってやんの、娘までいる!そりゃ折れるねー、言葉を交わすこともなく帰国しちゃうよね。残り30分は再びミラノ。ソフィア・ローレンが感情面でいい芝居する。アントがミラノに来るんだけど、ヨリは戻せない。ミラノ駅で2度目の見送り、今度は永遠の別れ。マンシーニのテーマ曲が被って感動的だったー。

餓死・病死したイタリア兵が埋葬されたひまわり畑はウクライナのポルタヴァ州のチェルニチー・ヤール村

ひまわり畑が長年、ウクライナのヘルソン州だと言われてきたのは、遺骨返還を避けたかったソ連側の嘘情報だったらしい。でもそんなん、イタリア側スタッフに聞けばわかるんちゃう?不思議なのは本来のロケ地であるはずのチェルニチー・ヤール村をChernechyi YarやЧернечий Ярで画像検索してもひまわり畑は出てこない・・・・
    関連映画
  • 伊ソ合作の『イタリアの勇士たちよ』(1964)に次いでソ連ロケされた。東部戦線のイタリア兵やひまわり畑のモチーフは同じ
関連記事

tag : ドラマWWII

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ