fc2ブログ

1985年の『金星ロケット発進す』

金星ロケット発進す
Der schweigende Stern/First Spaceship on Venus(1960)81分、2.35 : 1

金星ロケット発進す監督:テイト・テイラー 脚本:マシュー・ニュートン
原作:スタニスワフ・レム「金星応答なし」
撮影:ヨアヒム・ハスラー 音楽:アンジェイ・マルコフスキ
出演:オギムラ・スミコ:谷洋子、デュラン教授:イグナーチ・マホフスキ、オルロフ博士:ミハイル・N・ポストニコフ、ブリンクマン:ギュンター・サイモン、チェン・ユー博士:ホア-タ・タン、シカーナ博士:カート・ラケルマン、ジョアン・モラン:ルチーナ・ウィンニッカ

Amazon Prime Videoで観た。いやー、よくできてた。ジョージ・パルでも東宝特撮でもない、東ドイツとポーランドの合作SFの米国公開版で英語吹替。短縮版ながら面白かった。1985年、地球外のメッセージを解析したら金星人からとわかって、月面基地から発信するも応答がない。それじゃ行ってみようってことで、人類最初の宇宙船コスモストレイター号で金星に向かうことになる。オメガってゆー、アナライザーみたいな役立ちロボもいて人間とチェスまでする。いろんなSF映画の元ネタが詰まってて面白かった。
金星ロケット発進す
ヒロインはオギムラ・スミコって女医で谷洋子って女優が演じてる。パリ留学中にフランス映画でデビューして、日本初の国際女優になった人。

金星ロケット発進す
普通は出発後に眠るけど、この頃は出発前に眠っておく!ベッドの配置は『エイリアン』のノストロモと同じ!

金星ロケット発進す
コスモストレイター号がシンプルでカッコイイ。3基のエンジンは逆噴射もできる。クローリコプターってゆー探査車搭載。31日で金星に到着。金星は崩壊状態。金星人は出てこないけど、記録用の昆虫ロボみたいのを調べたら金星人は物質のエネルギー化やエネルギーの物質化できるテクノロジーがあって、地球を核攻撃しようとしたけど自滅しちゃってた。

25年後の未来の話だけどなぜかMIG-15が堂々と出てくる。

    関連映画
  • アメリカでは『大怪獣バラン』(1958)と2本立てで1962年に短縮版で公開された
  • アメリカ公開版『狼男』(1941)の音楽が使われている
  • 『金星人地球を征服』(1956)は金星人が地球を征服に来る
  • 『地球へ2千万マイル』(1957)で金星の生物イーマが登場する
  • 金星のブロブは『マックイーンの絶対の危機』(1958)のブロブに似ている
    影響下にある映画
  • 『メッセージ』(2016)で異星人の言語解析をする
  • 『宇宙戦艦ヤマト』(1974)のアナライザーはキャタピラで自走する解析ロボット
  • 『エイリアン』(1979)でコールドスリープが円形に配置
  • 『2001年宇宙の旅』(1968)でHAL9000はプールとチェスをする
  • 『地球最大の決戦』(1964)は滅亡した金星から金星人が警告
関連記事

tag : Sci-Fi宇宙宇宙船侵略冒険ロボクラシック1980s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ