fc2ブログ

『エア・サスペリア/401便の幽霊 』

エア・サスペリア/401便の幽霊
The Ghost of Flight 401(1978)100分 1.33:1

エア・サスペリア/401便の幽霊監督:スティーヴン・ヒリヤード・スターン 脚本:ロバート・マルコム・ヤング
原作:ジョン・フラー「The Ghost of Flight 401」
撮影:ハワード・シュワルツ 音楽:マフイア・ブリッジマン=クーパー
出演:ドム:アーネスト・ボーグナイン、ジョーダン:ゲイリー・ロックウッド、ヴァル:ティナ・チェン、プリシー:キム・ベイシンガー

日記で1980年7月11日の「ゴールデン洋画劇場」は『エア・サスペリア/401便の幽霊 』だった。「ゴールデン」は未公開映画傑作選てことで、抱き合わせで’買い付けたC級映画やTV映画を放送してた。これもその1本でTV映画。日記には、
怖かった。トライスターと’言わずにテンイレブンって言ってた。これが事実とは信じ難いが、価値ある航空スリラーで大いに楽しめた
とあった。

1972年12月29日にロッキードL-1011トライスターが湿地帯に墜落して101名が犠牲になったイースタン航空401便墜落事故ってのがあって、これは『地獄の大墜落/エア・インフェルノ』(1978)として映画化されてる。もちろん『メーデー!航空機事故の真実と真相』でもシーズン5の9話「注意散漫」でも映像化された。以下は都市伝説なんだけど、回収された401便の残骸で再利用できるパーツはトライスターの修理部品として再使用された。そのトライスターで、401便のフライトエンジニアの幽霊が出るって噂がイースタン航空で広まって、本にもなった。それを原作にパラマウントでTV映画化したのが『401便の幽霊』ってわけ。邦題の「エア・サスペリア」は余計だよね、魔女でもなんでもない。

もっかい観たいと思ったら、YouTubeにフルであった!でも画質わっるぅー。絵も暗すぎてよくわかんねー。35mm原版からリマスターしてくんねーかな。ゴールデン版吹替付きで。

flight4011.jpg
機材はテンイレブンことロッキードL-1011トライスター。

flight4012.jpg
CAにはTV時代のキム・ベイシンガー。『ネバーセイ・ネバーアゲイン』でボンドガールになる5年前。『2001年』のプールも出てる。

flight4013.jpg
幽霊役はアーネスト・ボーグナイン、こりゃ怖いよね〜!
    関連作品
  • 元になった401便の事故は『地獄の大墜落/エア・インフェルノ』(1978)、『メーデー!航空機事故の真実と真相』S5E9「注意散漫」(2008)

関連記事

tag : 幽霊航空機都市伝説超常現象スリラー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ