fc2ブログ

『シタデル』

シタデル
Citadel(2023)シーズン1 全6話

Citadelショーランナー:デイヴィット・ウェイル
原案:ジョシュ・アッペルバウム、ブライアン・オー、デヴィッド・ワイル
監督:ニュートン・トーマス・サイジェル
脚本:デヴィッド・ワイル、ブライアン・オー、ジョシュ・アッペルバウム
音楽:アレックス・ベルチャー
出演:メイソン・ケイン/カイル・コンロイ:リチャード・マッデン(川田紳司)、ナディア・シン/シャーロット・ヴァーノン:プリヤンカー・チョープラー(小松由佳)、バーナード・オーリック:スタンリー・トゥッチ(岩崎ひろし)、ダリア・アーチャー:レスリー・マンヴィル(幸田直子)、カーター・スペンス:オシ・イカイル、アビー・コンロイ/ブリエル/セレステ・グラハム:アシュリー・カミングス、アンダース・シリエ/ダヴィック・シリエ:ローランド・ムーラー

シーズン1全6話で2億5000万ドルだって!そんなに金かかってるようには見えんかったな。どうも、5年前を軸に描こうとしたスタッフと、現在を中心に描きたかったルッソ兄弟が対立、追加撮影で2バージョンできちゃった。結局アマゾンはルッソ兄弟を支持したもんで前者のスタッフは降板。あと2シーズン(12話)は製作するつもり。今後は各国でシタデルのスピンオフを製作してクロスオーバーさせていくってゆー、IWGP構想みたいな展開だそうで。

荒唐無稽な007スタイル。シタデルは国際的なスパイ組織で、世界征服を企む闇の組織マンティコアと戦う。現在はシタデルは崩壊しちゃってるけどね。主人公はスパイ時代の記憶はないけどスキルは身についたまま。ジェイソン・ボーンかよ。遠隔で記憶を消したり戻したりできるバックストップってシタデルの技術のせい。スパイ切り捨て時の非常手段。おかげで現在と8年前や10年前がフラッシュバックする構成。めんどくさいので好きじゃないの。スパイものとしてスケールはでかいけど、マンガみたいなんだよな。

主人公カイルは記憶がないもんだから、自分の過去も所属したシタデルも謎。記憶を戻せば謎は一気に解けるんだけど、それは第6話。記憶が戻るととんでもないツイストが待ってた。カイルは『GOT』のロブ・スタークの人。あとは見覚えのないような人たち。元シタデルの上司にスタンリー・トゥッチが出てるけど、現在は拉致されてて動けない。

tag : AmazonTVシリーズスパイミッション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ