fc2ブログ

1998年の『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
Resident Evil: Welcome to Raccoon City(2021)107分、2.39 : 1

Resident Evil: Welcome to Raccoon City監督・脚本:ヨハネス・ロバーツ
撮影:マキシム・アレクサンドル 音楽:マーク・コーヴェン
出演:クレア・レッドフィールド:カヤ・スコデラリオ(ファイルーズあい)、クリス・レッドフィールド:ロビー・アメル(木村昴)、ジル・バレンタイン:ハナ・ジョン=カーメン(沢城みゆき)、レオン・S・ケネディ:アヴァン・ジョーギア(梶裕貴)、アルバート・ウェスカー:トム・ホッパー(日野聡)、ウィリアム・バーキン:ニール・マクドノー(平田広明)、ブライアン・アイアンズ:ドナル・ローグ(堀内賢雄)、エイダ・ウォン:リリー・ガオ(田中理恵)

Amazon Prime Videoで観た。スペンサー邸と警察署の恐怖をカットバックで描くホラー。一夜ものってことで『ザ・フォッグ』や『要塞警察』を参考にして、怖さにこだわったそうだけど、ちっとも怖くない。平坦なんだよね。襲われてピンチってとこで他の誰かが銃撃して助かるみたいな繰り返し。朝までちょくちょく時間がでるので、今何時?って考えちゃう。唯一怖いのはダミアン・ダークの顔。
バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
1998年なので端末はPDAのPalmPilot
    関連映画
  • 『バイオハザード』(2002)シリーズのリブート
  • 一夜の恐怖の参考にしたのは『要塞警察』(1976)、『ザ・フォッグ』(1980)
関連記事

tag : ある夜ホラーアクションゾンビ子供警察クリーチャー脱出リメイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ