fc2ブログ

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』

hitmanswifesbodyguard.jpg
Hitman's Wife's Bodyguard (2021)116分、2.39 : 1

Hitman's Wife's Bodyguard監督:パトリック・ヒューズ
脚本:トム・オコナー、フィリップ・マーフィ、ブランドン・マーフィ
原作:トム・オコナー
撮影:テリー・ステイシー 音楽:アトリ・オーヴァーソン
出演:マイケル・ブライス:ライアン・レイノルズ(加瀬康之)、ダリウス・キンケイド:サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)、ソニア・キンケイド:サルマ・ハエック(きそひろこ)、アリストテレス・パパドポラス:アントニオ・バンデラス(藤井隼)、マイケル・ブライス・シニア:モーガン・フリーマン(古川伴睦)、ボビー・オニール:フランク・グリロ(俊藤光利)、クロウリー警視:キャロライン・グッドール

Netflixで観た。『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)から4年後。前作の3人揃い踏み。今作も痛快アクションコメディで、たくさんのギャグは笑えたし面白かった。ライアン・レイノルズはたっぷり酷い目に合うし、サルマ・ハエックはメインキャラに昇格。新キャラのAAAレジェンドでブライスの義父モーガン・フリーマンがオモロイ。声は坂口芳貞じゃなかったけど、違和感はない。サルマ・ハエックが157なんで3人並ぶとちっさく見える。ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンのスタンド・ダブルが劇中で実際に替え玉になってた。
    関連映画
  • 短編映画『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)の続編
  • ブライスとアリストテレスが記憶喪失に言及する映画は『潮風のいたずら』(1987)
  • 「世界中の酒場はつながってる」は『カサブランカ』(1942)から
  • ダリウスがブライスの運転をスティーブ・マックイーンと言うのは『ブリット』(1968)
  • アリストテレスが「小さなダチによろしく」と言うのは『スカーフェイス』(1983)から
  • ブライスはソニアに贈らないチャッキーは『チャイルド・プレイ』(1988)から
  • ブライス、ソニア、ダリウスは『3人の逃亡者』(1988)
  • スコットランド人のソニアは『ブレイブハート』(1995)のウィリアム・ウォレスと呼ばれている
  • アリストテレスが殺す直前に首の骨にひびが入るのは『デスペラード』(1995)
  • ドリルを見たブライスが『アルマゲドン』(1998)で見たようなやつと指摘
  • ダリウスが「メイスが何をするか見てみよう」は『スター・ウォーズ エピソード1/ ファントム・メナス』(1999)、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)のメイス・ウィンドゥ
  • 」モーガン・フリーマンが「本当のことを言うと知りたくない。言わないほうがいいこともある」は『ショーシャンクの空に』(1994)で言ったセリフ
関連記事

tag : クライムコメディアクションチェイス殺し屋銃撃戦

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ