ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ・エディション

Black Snake Moan (2007) 115分

ブラック・スネーク・モーン監督・脚本:クレイグ・ブリュワー
出演:サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)、クリスティーナ・リッチ(小林沙苗)、ジャスティン・ティンバーレイク(浪川大輔)、S・エパサ・マーカーソン(西宏子)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ブラック・スネーク・モーン苦しみを背負った登場人物たちが絆を深めることで救われていく物語。劇場では字幕で観たので、吹替えで見た。クリスティーナ・リッチは南部訛りを稽古し、自らオーディションに望んで役を得た。純白パンティは、ディラーズで自ら購入したもの。何着用意したのかは不明…。ラングラーの上下、カウボーイブーツも自前。鎖はプロップからホンモノまで数種類用意されたが、クリスティーナが選んだのは重さは30kgのホンモノ。特典のメイキングは濃い内容。削除シーンもいくつか収録。コメンタリーはクレイグ・ブリュワー監督の単独。彼自身がコッポラなどのコメンタリーが勉強になったとのことで、制作する人向けアドバイスなど、かなりしっかり解説してくれてる。ここが笑える、とか。まさか笑いどころがあったなんてー。前作「ハッスル&フロウ」(2005)との比較も多いけど、観てないからわからん。最初のセリフと最後のセリフが対になってるなんて、なるほどーと思った。

110131.jpg
監督のクレイグ・ブリュワーは「星の国から来た仲間」(1975)のティア(左)が好きだったそうで、レイの母親役にキム・リチャーズを17年ぶりにスクリーンにカムバックさせた。キム・リチャーズはこの後、「星の国から来た仲間」のリメイク「ウィッチマウンテン/地図から消された山」(2009)にも出演した。

110131a.jpg
また、カウチに横たわるレイの演出は、エリア・カザンの「ベビイドール」(1956)でソファに横たわったキャロル・ベイカーのポスターにインスパイアされたとのこと。

110131b.jpg
これがなぜモノリスなのか意味不明。





関連作品:「ベビイドール」(1956)、「2001年宇宙の旅」(1968),「星の国から来た仲間」(1975)

tag : 吹替え 俳優

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示