fc2ブログ

『ビッグ・ガン』

ビッグ・ガン
Tony Arzenta / Big guns / No Way Out (1978)110分、1.85 : 1

Tony Arzenta監督:ドゥッチョ・テッサリ 脚本:ウーゴ・リベラトーレ、フランコ・ヴェルッキ、ロベルト・ガンドゥス
撮影:シルヴァーノ・イッポリティ 音楽:ジャンニ・フェッリオ
出演:トニー・アルゼンタ:アラン・ドロン、ニック・グスト:リチャード・コンテ、サンドラ:カルラ・グラヴィーナ、ドメニコ・マッジオ:マルク・ポレル、カーレ:ロジェ・アナン 細井重之 牛山茂
アンナ・アルゼンタ:ニコレッタ・マキャヴェリ(、ドン・マリアノ:グイド・アルベルティ、ロッコ・クチッタ:リノ・トロイージ、トニーの父親:コラード・ガイパ、トニーの母親:カルラ・カーロ、ルカ・デンニーノ:ジャンカルロ・スブラジア

Amazon Prime Videoで観た。フランス映画なのに監督がドゥッチョ・テッサリなの?イタリアとの合作だった。マフィアの雇われ殺し屋トニーが家族のために足を洗うと言い出す。組織を知りすぎた男を簡単に抜けさせるわけにはいかない。トニーの車に爆弾を仕掛け爆破!でも乗ってたのはトニーの奥さんと息子だった!『ゴッドファーザー』のアポロニアを思い出した。家族が目の前で爆死するのを見りゃ、組織の幹部を皆殺しだー!ってなるよね。
ビッグ・ガン
オープニングの車内アオリがかっこええ

テッサリのマカロニ仕込みのB級センスいっぱいでよかった。ドロンはカッコええし、カーチェイスあり銃撃戦ありで、満足。生き残ったボスは手打ちを申し入れ、トニーは応じる。衝撃のラストはやっぱりフランス映画。
ビッグ・ガン
おかげでひどい目にあった
    関連映画
  • アラン・ドロンの殺し屋は『サムライ』(1967)以来
関連記事

tag : クライム殺し屋マフィア復讐チェイス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ