fc2ブログ

『ハイ・フォン:ママは元ギャング』

ハイ・フォン:ママは元ギャング
Furie/Hai Phuong(2019)98分

Furie監督:レ・ヴァン・キエ
脚本:レ・ヴァン・キエ、ア・タイプ・マシン、グエン・チュオン・ニャン
撮影:Morgan Schmidt VFX:Bad Clay Studio
出演:ハイ・フォン:ヴェロニカ・ンゴー、マイ:マイ・カット・ヴィー、ルオン捜査官:ファン・タイン・ニエン、タイン・ホア、トルク:ファム・アイン・コア、タイン・ウルフ:ホア・タイン

ヴェトナムのアクション映画。「ママは元ギャング」なんて邦題ダメだよ、元ギャングじゃないしー。これはベトナム版『96時間』なんだからー。娘を臓器売買組織に誘拐されたお母さんが助けに行くアクション。このお母さん、ボビナムの達人でめちゃくちゃ強い!ボッコボコにされて満身創痍でも、自力で娘の足取りを追って、力で取り返す!

救出されて病院から脱出するシーンがいい。看護師さんが協力してくれるの。クライマックスは列車でのハイスピードバトル。1カット長回しファイトあり。ラスボスのおばちゃん、めっちゃ強い!「痛みを受け入れろ」

ママ役のヴェロニカ・ンゴーって『最後のジェダイ』でローズの姉だったベロニカ・グゥのこと。ベトナムではゴー・タイン・ヴァン。モデル出身とは思えないアクションのキレ。『ブライト』(2017)や『オールド・ガード』(2020)、『ザ・プリンセス』(2022)にも出てたけど、こんなに体張ったアクションできる人だったとは。しかも続編のプリクエル『タン・ソイ:美しき殺し屋』(2023)では監督までやっちゃう。
    関連映画
  • 続編の『タン・ソイ:美しき殺し屋』(2023)はプリクエル
  • 娘が誘拐されて親が助けに行くのは『サウンド・オブ・サイレンス』(2001)、『フライトプラン』(2005)、『96時間』(2008)、『ゲットバック』(2012)、『プリズナーズ』(2013)、『白い沈黙』(2014)、『誰もがそれを知っている』『search/サーチ』(2018)、『ランボー ラスト・ブラッド』(2019)、『母の聖戦』(2021)
関連記事

tag : アクション格闘復讐チェイスクライム子供誘拐鉄道救出邦題

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ