fc2ブログ

『KAPPEI カッペイ』

kappei
Kappei (2022)118分

Kappei監督:平野隆 脚本:徳永友一
撮影:小松高志 音楽:遠藤浩二
出演:終末の戦士・勝平:伊藤英明、山瀬ハル:上白石萌歌、入間啓太:西畑大吾、終末の戦士・守:大貫勇輔、師範:古田新太、終末の戦士・正義:山本耕史、終末の戦士・英雄:小澤征悦、テルオ:森永悠希、新井久美子:浅川梨奈[、矢木徹:倉悠貴[、柳田:橋本じゅん、和也:関口メンディー、武智:鈴木福、美麗:かなで、堀田先輩:岡崎体育、リアム:アントニー、しんちゃん:大トニー

Amazon Prime Videoで観た。実写だからこその面白さを堪能した。『北斗の拳』のプリクエルw。『北斗の拳』の実写版は面白くならんのに、これはうまいこと作ったなー。場違いなキャラが現代に来るのは『SFソードキル』や『SF超人ヘラクレス』みたいでウケる。そーいえばシュワちゃんって言ってるし。くっだらなくてオモロかったわー。

ビジュアル的に違和感がない。終末の戦士が週末の戦士になってるのがおかしくって。ほんで終末の戦士が1人ずつ増えてくのがまた楽しい。みんな啓太の居候になるw。カッペイが戦う時は必ず警官2人が見てて解説してくれるw。締め方も予想通りだったけど『北斗の拳』につながっててよかった。いいまとめだった。エンドロールで原作の絵が出てくる。こーゆー絵だったのか、好きじゃないなー。アニメじゃなくて実写化でよかった。
    関連映画
  • 『北斗の拳』(1986)のプリクエルパロディ
  • 場違いなキャラが現代に現れて騒動を起こすのは『SF超人ヘラクレス』(1970)、『SFソードキル』(1984)、『原始のマン』(1992)、『サムライせんせい』(2017)、『侍タイムスリッパー』(2023)
関連記事

tag : ファンタジーコミックコメディアクション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ