fc2ブログ

『ユーリー・ノルシュテイン傑作選』

ユーリー・ノルシュテイン傑作選
Yuri Norstein (2010)80分

Yuri Norsteint監督:ユーリ・ノルシュテイン

25日・最初の日』(1968)8分
監督:A・トーリン 脚本:ユーリ・ノルシュテイン、A・トーリン
ケルジェネツの戦い』(1971)10分
監督:イワン・イワノフ=ワノ 脚本:イワン・イワノフ=ワノ
キツネとウサギ』(1973)12分
脚本:ロマン・カチャーノフ、ユーリ・ノルシュテイン 音楽:ミハイル・メエロビッチ
アオサギとツル』(1974)10分
脚本:ロマン・カチャーノフ、ユーリ・ノルシュテイン 音楽:ミハイル・メエロビッチ
霧につつまれたハリネズミ』(1975)11分
脚本:セルゲイ・コズロフ ナレーター:アレクセイ・バターロフ 音楽:ミハイル・メエロビッチ 撮影:アレクサンドル・ジュコフスキー 製作:ソユーズムリトフィルム
話の話』(1979)29分
脚本:ユーリ・ノルシュテイン、L・ペトルシェフスカヤ 撮影:I・スキダン=ポシン 音楽:M・メエロヴィッチ

Amazon Prime Videoで観た。2016年に『アニメーションの神様、その美しき世界』として公開されたユーリ・ノルシュテインの作品集。年代順に6本の短編が収められてる。カットアウトの巨匠の作品がまとめて観れるのはありがたいね。アニメーションやってたら観てないって言えないやつ。

有名どころの『霧につつまれたハリネズミ』や『話の話』も入ってる。カットアウトの真髄。特に『霧につつまれたハリネズミ』はわかりやすくて面白い。霧の中で冒険するハリネズミの繊細な挙動。からの、コグマと一緒の安心感。このハリネズミの像がウクライナのキーウにあるって。

代表作の『話の話』は劇場『999』と同じ頃!当時から高評価で気になってた。今では史上最高のアニメーションと言われてる。断片的なシーンで構成されてて難解だわー。映像的には立体的でカットアウトの域を超えてる!だけど、何を伝えたいのか、1回観ただけじゃわからんかった。

tag : アニメーション戦場短編冒険WWIIファンタジー場所

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ