キック・アス

Kick-Ass (2010)117分

キック・アスただのヒーローコメディじゃなく、実はハードでバイオレントなドラマで大満足。笑いもあるけど、シビアな描写にも力はいってる。後半なんかすげえシーンがバンバン、かなーりショッキング。こんな傑作が都内でシネセゾン渋谷だけなんてどうよ!しかも字幕が読みにくい!

主人公のモデルはピーター・パーカーかな。普通の人がヒーローになったら、怖いし痛いし熱いし、常に命懸け。そして人々が見て見ぬふりをする理由を学ぶ。ビッグ・ダディ&ヒット・ガール親子は見た通りバットマン&ロビンがモチーフ。その過去をモンタージュしたモーションコミックがカッコイイ。ビッグ・ダディはダニエル・クレイグとマーク・ウォールバーグも候補だったが、ニコラス・ケイジで大正解!ピッタリはまってたな。

ヒット・ガールは本作のツボ。「夕陽のガンマン」で登場し、高度な戦闘力でギャング達を情無用に殺しまくる11歳のお子様ヒロイン!ヤバすぎキャラでスタジオが出資できず、2800万ドルのバジェットを自力で調達したとのこと。萌えないはずがない。

レッドミストのキャラも見事。ジョン・コナーの養父やCTUロス支局支部長ジョージ・メイソンでお馴染みのザンダー・バークレーが出てたのも嬉しい。いい締め方だったんで、続編もすげー楽しみ!
関連作品:原作コミック「キック・アス」
関連映画:ビッグ・ダディの台詞まわしはアダム・ウエスト版「バットマン」、デーブが鏡に向かうシーンは「タクシー・ドライバー」、他に「スカー・フェイス」「スパイダーマン」が引用されてる。


tag : バイオレンス コミック ヒーロー チーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer