fc2ブログ

1969年の『ベルファスト』

ベルファスト
Belfast(2021)140分

Belfast監督・脚本:ケネス・ブラナー
撮影:ハリス・ザンバーラウコス 音楽:ヴァン・モリソン
出演:バディ:ジュード・ヒル(阿部カノン)、マー:カトリーナ・バルフ(恒松あゆみ)、パー:ジェイミー・ドーナン(津田健次郎)、グラニー:ジュディ・デンチ(谷育子)、ポップ:キアラン・ハインズ(土師孝也)、ビリー・クラントン:コリン・モーガン(村治学)、モイラ:ララ・マクドネル(弘松芹香)、マッキー:ジェラード・ホラン(露木徳幸)、マクローリー:コナー・マクニール(菊池通武)

APVで観た。北アイルランドの都市ベルファストで過ごしたケネス・ブラナーの子供時代の話。故郷と家族を描いた思い入れたっぷりのイイ映画だった。白黒なのは『ROMA』の真似じゃなく、ベルファストの街がそう見えたらしい。北アイルランド紛争から始まってイングランドに引っ越すまで。

ベルファスト
主人公の映画好きの9歳児がブラナー。同い年なので自分が小4の時と重ねた。ブラナーの思い出に浸れる。映画館で観た映画は『恐竜100万年』や『チキ・チキ・バン・バン』は鮮やかなカラー。白黒TVで『宇宙大作戦』や『真昼の決闘』を見て、クリスマスにはサンダーバード1号と国際救助隊のユニフォーム、『ゴールドフィンガー』のアストンマーティン DB5のミニカーをプレゼントされる。羨ましい。

イングランドに出稼ぎに行くパパ、ベルファストへの愛着が強いママ、近所に住む大好きなおじいちゃんとおばあちゃん。ローアングルやアオリが多いのは子供時代のアイレベル。ブラナーの記憶が再現されてる感じ。主人公の子役、めっちゃよかった。引越しの日、好きな子にお別れを言うシーンがさりげなくよかった。
    関連映画
  • バディとウィルはTVで『宇宙大作戦:宇宙暦元年7・21』(1967)を見ている
  • パーが帰ってくるとスティーブ・マックイーンと呼ばれ、口笛で『大脱走』(1963)のテーマが吹かれる
  • パーが通りを歩く時『真昼の決闘』(1952)の主題歌「ハイ・ヌーン」が流れる
  • おばあちゃんのお気に入り映画は『失はれた地平線 (1937)
  • バディが「世界一!」と叫ぶ声は『白熱』(1949)のジェームズ・キャグニー
  • バディがテレビで見ているのは『真昼の決闘』(1952)、『リバティ・バランスを撃った男』(1962)
  • バディはロビン・フッドの話だと思って、『七人の愚連隊』(1964)を見たがる
  • バディのクリスマスプレゼントは『サンダーバード』(1965)1号のトイと国際救助隊のコスチューム、『007/ゴールドフィンガー』(1964)のアストンマーティン DB5のミニカー
  • バディが読んでいるコミックはケネス・ブラナーが監督した『マイティ・ソー』(2011)
  • 家族は映画館で『恐竜100万年』(1966)、『チキ・チキ・バン・バン』(1968)を観る
  • ケネス・ブラナーの白黒映画は『愛と死の間で』(1991)
  • ケネス・ブラナーが参考にしたのは『許されざる者』(1992)
  • ケネス・ブラナーがデジタル撮影したのは『シェイクスピアの庭』(2018)に続いて2作目
関連記事

tag : 家族子供クリスマス実話

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ