恵比寿ガーデンシネマ

恵比寿ガーデンシネマ恵比寿ガーデンシネマのサイトに休館のお知らせが。あら、なくなっちゃうのね…。1月15日から28日までベストセレクションを開催するってさ。閉館でなく休館ってことは再開するのかな?

1994年、恵比寿ガーデンプレイスのオープン時におっしゃれ~なミニシアターとして開館したヘラルド系劇場、恵比寿ガーデンシネマ。ヘラルドと言えば名古屋が世界に誇るブランド。ヘラルドグループの劇場運営はヘラルド・エンタープライズ。

初めて行ったのは1997年の「真夏の出来事」の時。恵比寿ガーデンプレイスのいっちばん奥にあるお気に入りの映画館。までの1998年には「エンド・オブ・バイオレンス」と「ガタカ」、2000年には「アメリカン・ヒストリーX」と「クレイドル・ウィル・ロック」、2001年には「バーバー」と「ウェイキング・ライフ」2006年には日本ヘラルド映画が角川映画と合併、角川ヘラルドになったけど、翌年角川映画になったことで、ヘラルドは消失。運営会社もヘラルド・エンタープライズから角川シネプレックスになった。ヘラルド時代の最後に行ったのは、2006年「パンズ・ラビリンス」。角川になってからは行ってない。

シネマライズも今年の夏からライズXと地下を閉館して2階の1スクリーンになったし、シネセゾン渋谷は来年2月に閉館するらしい。シネコンのせいかどうか知らんけど、ミニシアターどんどん消えていくのね。

ミニシアター「恵比寿ガーデンシネマ」休館へ-17年の歴史に幕

tag : 劇場

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer