fc2ブログ

1930年代の『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』

ギレルモ・デル・トロのピノッキオ
Guillermo del Toro's Pinocchio (2022)117分

Guillermo del Toro's Pinocchio監督:ギレルモ・デル・トロ、マーク・グスタフソン
脚本:ギレルモ・デル・トロ、パトリック・マクヘイル
原作:カルロ・コッローディ「ピノキオ」
ストーリー:ギレルモ・デル・トロ、マシュー・ロビンス
撮影:フランク・パシングハム 音楽:アレクサンドル・デスプラ
アニメーション:シャドウマシーン
SFX:ジム・ヘンソンズ・クリーチャーショップ
VFX:MPC
出演:ピノッキオ/カルロ:グレゴリー・マン(野地祐翔)、ゼペット:デイビッド・ブラッドリー(山野史人)、セバスチャン・J・クリケット:ユアン・マクレガー(森川智之)、木の精霊/死の精霊:ティルダ・スウィントン(深見梨加)、ヴォルペ伯爵:クリストフ・ヴァルツ(山路和弘)、ポデスタ市長:パスカシオ・ロペス(壌晴彦)、キャンドルウィック:フィン・ウルフハード(宮里駿)、神父:バーン・ゴーマン(横島亘)、ドットレ:ジョン・タトゥーロ、スパザトゥーラ:ケイト・ブランシェット

Netflixで観た。ディズニーの実写版よりずっと面白かった。ダークでいい。ゼペットなんてマッド・サイエンティストとゆーか、フランケンシュタイン博士だもの。息子カルロを爆撃で亡くし、狂ったようにピノッキオを創造する。

ゼペットは見かけは爺さんだけどパパ。精霊が命を与えるのは同じだけど不死設定があって、燃やされない限り冥界経由で何度も蘇るのが新しい。生きてるものは死ぬ。ピノッキオは死なない。クリケットも不死身だけど、ホントは死んでて幽霊ってことかな。プレジャー・アイランドの代わりに軍の訓練施設。ヴォルペはピノッキオをスター扱いする反面、サルを虐待するシーンは怖かった。

ストップモーション・アニメーションとしてクオリティ高くて、ライカに匹敵する。製作規模が大きい。よく芝居するし、撮影も美しい。ブラーがないのも好感がもてる。海なんてどーやってんだろう、CGIのコンポジットなんだろうけど見事すぎる。クライマックスはずっと海だからねー。

メイキング


手彫りの映画、その舞台裏
手彫りの映画、その舞台裏 (2022)30分
Guillermo del Toro's Pinocchio: Handcarved Cinema出演:ギレルモ・デル・トロ、マーク・グスタフソン、クリストフ・ヴァルツ、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、デイビッド・ブラッドリー
Netflixでメイキングドキュメンタリーも配信してた。こりゃありがてえ。ギレルモ自身がたっぷり説明してくれる。完成まで15年かかったって!キャラクターデザインから人形造形、アニメーション、撮影、美術、音楽まで。モデルは3Dプリンター出力。今は定番になってる。フェイシャルは置き換え式だけど、ゼペットはメカニカルで表情をアニメートしてた。ヴォルペはありがちな巨漢キャラがボツになった。そのボツキャラは団員で登場。でっかいピノッキオ頭部はクリケットとの会話用だと。
    関連作品
  • 同じ原作の映画化は『ピノキオ』(1940)、『ピノキオ』(1996)、『ピノッキオ』(2002)、『ピノキオ 』(2015)、『ほんとうのピノッキオ』(2019)、『ピノキオ』(2022)
  • 愛する者を代替物として復活させるのは『デッドリー・フレンド』(1986)、『フランケンウィニー』(2012)
  • コオロギ家がピノッキオの素材の木の中なのは『樫の木モック』(1972)
  • ドッグフィッシュから脱出するためにわざと嘘をついて鼻を伸ばすのは『ピノキオ』(1996)
関連記事

tag : アニメーションリメイククリーチャー冒険ファンタジーNetflixオスカー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ