fc2ブログ

『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボー ラスト・ブラッド
Rambo: Last Blood (2019)101分

Rambo: Last Blood監督:エイドリアン・グランバーグ 脚本:マシュー・シラルニック、シルヴェスター・スタローン
撮影:ブレンダン・ガルヴィン 音楽:ブライアン・タイラー
出演:ジョン・ランボー:シルヴェスター・スタローン(ささきいさお)、カルメン:パス・ベガ(井上喜久子)、ウーゴ・マルティネス:セルヒオ・ペリス=メンチェータ(武田真治)、マリア・ベルトラン:アドリアナ・バラッザ(小宮和枝)、ビクトル・マルティネス:オスカル・ハエナダ(ケンドーコバヤシ)、エル・フラコ:パスカシオ・ロペス(森宮隆)、ジゼル:フェネッサ・ピネダ(加藤美佐)、マヌエル:マルコ・デ・ラ・O(丸山壮史)、ドン・ミゲル:リック・ジンゲール(魚建)

Netflixで観た。1作目の「First Bllod」に対して「Last Blood」、こんなランボーはイヤだ!が詰まってる。家族と幸せに牧場暮らしするアットホームランボー。娘を溺愛するオジサンランボー。髪が短い散髪ランボー。ヤクザに返り討ちにされる老ランボー。親切な女性の世話になる衰弱ランボー。仕掛けを丁寧に工作するカラクリランボー。売春宿に殴り込むトラビスランボー。敵を様々な殺人トラップで仕留めるジグソーランボー。内臓をつかみ出すゾンビランボー。こんなのランボーじゃなーい。コンパウンドボウは使うけど、ミリタリー色がなく、『96時間』のリーアム・ニーソン向きな話。

メキシコギャングの親分もさあ、反目する弟をランボーが始末してくれたんだからありがたいでしょ。親分自らアリゾナのランボーんちまで殺されにくるかね。殺し屋部隊を差し向けるもんじゃないの?親分はランボーと深い因縁があるわけじゃないのに、一番酷い殺され方、内臓掴み取りされちゃって。

ランボー ラスト・ブラッド
エンディングは過去4作からクリップ集。しみじみ見てたら、なんと今作のクリップも、、、それいらんし。
    関連映画
  • 『ランボー』(1982)シリーズ5作目
  • ランボー/最後の戦場』(2008)から11年後
  • 退役軍人がラテンアメリカで親戚を救出するのは『コマンドー』(1985)
  • ギャングに誘拐された娘を救出するのは『96時間』(2008)
  • マチェーテで顔面を殴って殺すのは『血みどろの入江』(1971)
  • ビクトルの頭部がないのは『首だけの情事』(1980)
  • 牧場に敵に対してブービートラップを仕掛けるのは『スカイフォール』(2012)
  • 庭ばさみで串刺しにするのは『新・13日の金曜日』(1985)
  • 壁の穴から槍で突き刺して殺すのは『大脱出2』(2019)
  • ビクトルが「お前を見つけて殺す」と言うのは『96時間』(2008)
  • 馬に乗ったランボーが夕陽に向かって走り去るのは『シェーン』(1953)
関連記事

tag : シリーズ救出復讐続編誘拐バイオレンスゴア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ