fc2ブログ

2012年の『プライベート・ウォー』

プライベート・ウォー
A Private War(2018)110分

A Private War監督:マシュー・ハイネマン 脚本:アラッシュ・アメル
原作:マリー・ブレナー「Marie Colvin's Private War」
撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:H・スコット・サリーナス
製作:シャーリーズ・セロン
出演:メリー・コルヴィン:ロザムンド・パイク(五十嵐麗)、ポール・コンロイ:ジェイミー・ドーナン(佐々木啓夫)、トニー・ショウ:スタンリー・トゥッチ(飯島肇)、ショーン・ライアン:トム・ホランダー(拝真之介) 、ノーム・コバーン:コーリイ・ジョンソン

APVで観た。戦場記者メリー・コルヴィンの伝記映画。2012年にシリアのホムスで破壊された建物のフカンで始まる。映画のラストで、メリー・コルヴィンがシリア政府軍の砲撃で亡くなった場所だったとわかった。56歳没。

戦争の犠牲になる民間人の取材で有名な人だったみたい。世界各地の戦場に赴く。スリランカではRPGで左目まで失う。PTSDにもなる。それでもイラクやリビアやアフガンに行っちゃう。カダフィ大佐にインタビューしたり。最後に本人のインタビューがでてくるけど、ロザムンド・パイクはそっくりだったんだなー。
    関連作品
  • メリー・コルヴィンのドキュメンタリー『メリー・コルヴィンの瞳』(2018)
  • 戦場ジャーナリストを題材にしたのは『サルバドル/遥かなる日々』(1986)、『戦場のジャーナリスト』(2001)、『戦場カメラマン 真実の証明』(2009)、『バンバン・クラブ -真実の戦場-』(2011)、『バハールの涙』(2018)
関連記事

tag : 実話戦場伝記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ