fc2ブログ

『コブラ会』シーズン5

『コブラ会』シーズン5
Cobra Kai (2022)シーズン5全10話

『コブラ会』シーズン5監督:ジョエル・ノボア、スティーブン・土田、マリエル・ウッズ
ショーランナー:ジョシュ・ヒールド、ジョン・ハーウィッツ、ヘイデン・シュロスバーグ
脚本:マイケル・ジョナサン・スミス、ボブ・ディアデン
原作:ロバート・マーク・ケイメン『ベスト・キッド』
音楽:レオ・ビレンバーグ、ザック・ロビンソン
出演:ダニエル・ラルーソ:ラルフ・マッチオ(草尾毅)、ジョニー・ロレンス:ウィリアム・ザブカ(花輪英司)、テリー・シルバー:トーマス・イアン・グリフィス(大川透)、ジョン・クリース:マーティン・コーヴ(西凛太朗)、アマンダ・ラルーソ:コートニー・ヘンゲラー(湯屋敦子)、ミゲル:ショロ・マリデュエニャ(林幸矢)、サマンサ・ラルーソ:メアリー・マウサー(田中有紀)、ロビー・キーン:タナー・ブキャナン(宮崎遊)、トリー・ニコルズ:ペイトン・リスト(折井あゆみ)、イーライ・モスコウィッツ:ジェイコブ・バートランド(越後屋コースケ)、ディミトリ:ジャンニ・ディセンゾ、カルメン・ディアズ:バネッサ・ルビオ、バート:オーウェン・モーガン(中村美怜)、アンソニー・ラルーソ:グリフィン・サントピエトロ、ケニー:ダラス・デュプリー・ヤング、キム・ダヨン:アリシア・ハンナ・キム、渡口長善:ユウジ・オクモト

最初のうちはストーリーラインが複数でどれも興味が持てず、さすがにやることなくなって息切れかと思ったけど、いくつもの対立構造で緊張感が盛り上がり、5話でガゼン面白くなって6話は胸アツ!ダニエルの再生ラインは実にいい。

ジョニー流でミゲルとロビーの関係修復、ミゲルとサムの関係はハラハラした。サムとトリーの共闘は嬉しい。望む方向に結末が向かって大団円でまたしても満足しちゃうとゆー構成。宿敵シルバーとの決着の後はクリースがパワーアップして再び敵に。

『コブラ会』シーズン5
クリースの回想でテリーが持ってた10,000円もする空手雑誌「空手チャンピオン雑誌」1980年1月号。なんとひらがなとカタカナばっかし!「テンスドーのごくいと、きげんをたんきゅうします」漢字まじりの「生徒達にチームの防衛を教えるための、面白い”卵”練習を学びましょう。」これって7話で長善がやらせた練習!これが10話で役に立った!
    関連映画
  • 4話:カルメンのビーチバレーの夢は『トップガン』(1984)のオマージュ
  • 4話:カルメンの夢でジョニーがカワサキGPz750に乗るのは『トップガン』(1984)でマーヴェリックが乗ったカワサキのGPZ900Rに似てるから
  • 4話:ムーンが『食べて、祈って、恋をして』(2010)に言及
  • 5話:ジョニーの脱出話は『ヤングガン2』(1990)だとバレる
  • 7話:ディミトリが卵の訓練を『ハンガー・ゲーム』(1993)に喩える
  • 7話:クリースが嫌がったラルフ・マッチオの従兄弁護士は『いとこのビニー』(1992)のジョー・ペシ
  • 8話:ジョニーは『ロッキー4/炎の友情』(1985)の話をする
  • 10話:レイモンドの「生きてたかったら一緒に来い」は『ターミネーター』(1984)から
  • 10話:クリースが死んだフリして脱獄するは『羊たちの沈黙』(1991)のレクター
関連記事

tag : TVシリーズNetflix1980s格闘続編群像劇

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ