fc2ブログ

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

レット・ゼア・ビー・カーネイジ
Venom: Let There Be Carnage(2021)97分

レット・ゼア・ビー・カーネイジ監督:アンディ・サーキス 脚本:トム・ハーディ、ケリー・マーセル
撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:マルコ・ベルトラミ
VFX:DNEG、フレームストア、イメージ・エンジン
出演:エディ・ブロック/ヴェノム:トム・ハーディ(諏訪部順一/中村獅童)、クレタス・キャサディ/カーネイジ:ウディ・ハレルソン(内田直哉/片岡愛之助)、アン・ウェイング:ミシェル・ウィリアムズ(中川翔子)、フランシス・バリソン/シュリーク:ナオミ・ハリス(早見沙織)、ダン・ルイス:リード・スコット(桐本拓哉)、パトリック・マリガン:スティーヴン・グレアム(森川智之)、チェン:ペギー・ルー(田村聖子)、カミール・パッゾ:シアン・ウェバー(高島雅羅)

APVで見た。面白くない。前作の方がよかった。
    関連映画
  • ヴェノム』(2018)の続編
  • TVで流れてたニュース番組は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)から
  • マリガン刑事が「1から10までの11」と表すのは『スパイナル・タップ』(1984)
  • 人体に寄生して乗っ取る宇宙生物は『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(1958)、『ティングラー/背すじに潜む恐怖』(1959)、『SF/ボディ・スナッチャー』(1978)、『悪魔の受胎』(1979)、『遊星からの物体X』『スタートレックII カーンの逆襲』『禁断の惑星エグザビア』『エクストロ』(1982)、『スペース・パイレーツ』(1984)、『クリーチャー』(1985)、『クリープス』『スペース・インベーダー』(1986)、『ヒドゥン』(1987)、『ゼイリブ』(1988)、『パラサイト』( 1998)、『スリザー』(2006)、『ザ・ホスト 美しき侵略者』(2013)、『寄生獣』(2014)、『ライフ』『エイリアン:コヴェナント』(2017)、『ブロックアイランド海峡』(2020)
関連記事

tag : エイリアンコミックコメディSSU続編クリーチャーフランチャイズシリーズ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ