fc2ブログ

『カーター』

カーター
Carter(2022)113分

カーター監督:チョン・ビョンギル 脚本:チョン・ビョンギル、チョン・ピョンシク
VFX:Magic Media and Entertainment Group
出演:カーター:チュウォン(山崎健太郎)、ジョンヒ:チョン・ソリ(樋口あかり)、ジョンヒョク:イ・ソンジェ(志村知幸)、ハナ:キム・ポミン(大井麻利衣)、ビョンホ:チョン・ジェヨン(関口雄吾)、チョルジュ:ヨ・デヒョン(玉木雅士)、アグネス:カミラ・ベル、スミス:マイク・コルター

Netflix映画。韓国の30億円アクション大作。アバンタイトルだけ観ようと思ったら、全編1カットでタイトルは最後だった。1カットのアクション映画は『ハードコア』があったけど、これは劇場公開は無理!目が回るぞ。2時間リアルタイムでありったけの危険を体感できる。こんなアクション映画、観たことない。やりすぎでしょ!トリッキーな4次元キャメラワークは初代タイガーマスクのデビュー戦みたい。なんかもう、すごすぎて笑っちゃう。実際に1カットで撮ってるわけじゃなく長回しショットを1カット風につないでる。コマが飛んだりCG爆発はさんだり、雑なつなぎも目立つ。移動シーンは空撮になって時間を端折ってる。

高層ビル、銭湯、車、バイク、大型ジェット、スカイダイビング、トラック、列車、ヘリ、吊り橋、危険なシチュエーションいっぱい!映像的には見応え150%だけど、話は面白くない。記憶を消されたカーターが、韓国で女の子を救出して、北朝鮮にいる父親に届けるってミッション。韓国と北朝鮮とCIA、どれを信じていいのかわからんまま、戦って、跳んで、走って、落っこちてぐるんぐるんでめまぐるしい。4次元アクションの連続でヘトヘトになる。
関連記事

tag : Netflixアクションミッションチェイス子供航空機CIAヘリ格闘長回し

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ