fc2ブログ

『DUNE/デューン 砂の惑星』

DUNE/デューン 砂の惑星
Dune: Part One(2021)155分

DUNE/デューン 砂の惑星監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本:エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:フランク・ハーバート「デューン 砂の惑星
撮影:グリーグ・フレイザー 音楽:ハンス・ジマー
VFX:DNEG、ロデオFX、ワイリーVFX
出演:ポール・アトレイデス:ティモシー・シャラメ(入野自由)、レディ・ジェシカ:レベッカ・ファーガソン(皆川純子)、レト・アトレイデス公爵:オスカー・アイザック(森川智之)、スフィル・ハワト:スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン(浦山迅)、ウェリントン・ユエ博士:チャン・チェン(津田健次郎)、ガーニイ・ハレック:ジョシュ・ブローリン(大塚芳忠)、ダンカン・アイダホ:ジェイソン・モモア(安元洋貴)、ウラディミール・ハルコンネン男爵:ステラン・スカルスガルド(勝部演之)、グロッス・ラッバーン:デイヴ・バウティスタ(立木文彦)、パイター・ド・ヴリース:デヴィッド・ダストマルチャン(上田燿司)、リエト・カインズ博士:シャロン・ダンカン=ブルースター(本田貴子)、スティルガー:ハビエル・バルデム(大塚明夫)、チャニ:ゼンデイヤ(内田真礼)、ジャミス:バブス・オルサンモクン(高木渉)、ガイウス・ヘレン・モヒアム:シャーロット・ランプリング(野沢由香里)

ドゥニ・ヴィルヌーヴのSF映画は好きじゃなかったけど、これはよかった!観入っちゃった。リンチ版もこんなシーンあったなーとか思いつつ、当然同じ話だけども、デザインや映像が秀逸!ゴテゴテしてなくてシンプルで質感で勝負。メカはどれもセンスいい。サンドワームも全体像を見せてないけど波打つ砂漠が見事。あと、人間サイズを基準としたスケール感!砂漠、建物、宇宙船。とてつもなくでかい。フレームに人間がちっさーくいると、大きさや広さが実感できる。

アトレイデス家の主要人物はほぼ死んじゃった。フレメンと合流したとこで終わりって!えーーーーってなる。パート2観たい。
    関連映画
  • デューン/砂の惑星』(1984)のリメイク
  • 『Dune:Part Two』(2023)に続く
  • ランディングギアのアップは『エイリアン』(1979)のノストロモ
  • 砂漠のシーンは『アラビアのロレンス』(1962)
  • ハルコンネンが頭を手で覆うのは『地獄の黙示録』(1979)のカーツ大佐
  • オーニソプターのアラキーンへの飛行は『ブラックホーク・ダウン』(2001)
関連記事

tag : Sci-Fiリメイク宇宙船怪獣航空機宇宙

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ