fc2ブログ

『INTERCEPTOR/インターセプター』

インターセプター
Interceptor(2022)99分

インターセプター監督:マシュー・ライリー 脚本:マシュー・ライリー、スチュアート・ビーティー
撮影:ロス・エメリー 音楽:マイケル・リラ
VFX:Fin Design & Effects
出演:JJ:エルサ・パタキー(松井茜)、ケッセル:ルーク・ブレイシー(田村真)、ビーバー:アーロン・グレナン(烏丸祐一)、シャー伍長:マイエン・メフタ(石狩勇気)、ウォレス大統領:ゾーイ・カリディス(塩田朋子)、フランク:コリン・フリールズ(平林剛)、ダイソン大将:マーカス・ジョンソン(楠大典)、マーシャル中佐:リス・マルドゥーン、ワシントン少尉:ベリンダ・ジョンブウェ、テレビ販売員:クリス・ヘムズワース(三宅健太)

Netflixのオーストラリア映画。世界的にクソ映画とけなされてるけどオレは好き!海の『ダイ・ハード』+板野サーカスで、80年代アクション映画のテイスト。人気小説家の監督デビュー作にしては上等だし、低予算のTVムービーだと思えば満足。制御室のセットもよくできてる。しかもカメオでクリス・ヘムズワースが出てて、声も三宅健太。なんでかと思ったらこの映画のエグゼクティブ・プロデューサーだった。しかも主人公JJはクリヘムの奥さんエルサ・パタキー。かなりの強者。
インターセプター

米国で2箇所しかない弾道ミサイル迎撃基地のうちアラスカのフォートグリーリー基地は制圧され、太平洋上のSBX-1だけになる。ロシアの核ミサイル16基が盗まれてアメリカ16都市に飛んでくる。SBX-1が迎撃しなきゃならんけど、テロリストが襲撃。着任早々、JJは12分以内にテロリスト達を倒して迎撃ミサイルを発射しなくちゃならない。
インターセプター
SBX-1から一斉に発射される弾道弾迎撃ミサイル。アメリカミサイル防衛局のフォートグリーリー基地とSBXは実在する
    関連映画
  • 建物内で単身でテロリストと戦うのは『ダイ・ハード』(1988)
  • ケッセルが実は金目当てだったのは『ダイ・ハード』(1988)のハンス
  • 洋上の基地がテロに占拠されるのは『北海ハイジャック』(1979)
  • ゲーム理論家は『ザ・ロック』(1996)の主任ヘイデン・シンクレアのオマージュ
関連記事

tag : Netflixアクション格闘テロミッション潜水艦

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ