fc2ブログ

『きみがぼくを見つけた日』

きみがぼくを見つけた日
The Time Traveler's Wife(2009)107分

きみがぼくを見つけた日監督:ロベルト・シュヴェンケ 脚本:ブルース・ジョエル・ルービン
原作:オードリー・ニッフェッガー「きみがぼくを見つけた日
撮影:フロリアン・バルハウス 音楽:マイケル・ダナ
出演:クレア:レイチェル・マクアダムス(園崎未恵)、ヘンリー:エリック・バナ(てらそままさき)、リチャード:アーリス・ハワード(沢木郁也)、ゴメス:ロン・リビングストン(永井誠)、ケンドリック博士:スティーヴン・トボロウスキー(二又一成)、幼少時のクレア:ブルックリン・プルー

邦題は何じゃそりゃってだけでスルーしてたけど、原題が「The Time Traveler's Wife」と知って面白そうって思った。
タイムトラベラーのヘンリーと結婚したクレアのお話だが、やってることはコメディなのにシリアスめな演出で、色鮮やかな感動ドラマ仕上がりになってた。時系列の捌き方もよく練ってた。

ヘンリーは所縁のある時間と場所に移動できるんだけど、それがランダムに起こるのでいつどこに飛ぶのかのわからんのが厄介。時間障害って病気なんだそう。羨ましくもあり気の毒な人。結婚式の直前に飛んじゃったり。時間移動後は全裸なのは『ターミネーター』と一緒なので、まず服を盗む。だからどの時代でも警察に追われる。過去に戻っても歴史改変はできないが、若い自分に会うことはできる。飛びそうになったら「デイジー」を歌おう、ってHAL9000の死に際じゃん。

子供にも遺伝し、胎児の段階で移動しちゃってクレアは2度流産する。ヘンリーはクレアの負担を思ってパイプカット。ヘンリーは未来で8歳の娘に会って3年前に自分が死んでると聞いちゃう!パイプカットしたのに娘?クレアは若いヘンリーと子供作りに成功、娘が生まれた。幸せそうな家族描写が切ない。ヘンリーが死ぬことがわかってるから。問題はどーやって死ぬかだ。あああー、そんな皮肉な伏線が。
    関連映画
  • タイムトラベル後は全裸で最初に服を盗むのは『ターミネーター』(1984)
  • アルバが「デイジー」を歌うのは『2001年宇宙の旅』(1968)
  • クレアがTVで見てたのは『愛の勝利』(1939)
  • ケンドリック博士は『恋はデジャ・ブ』(1993)のオマージュ
  • HBOのTVシリーズ『The Time Traveler's Wife 』(2022)はリメイク
関連記事

tag : Sci-Fiタイムトラベルドラマ家族クリスマス時間

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ