スタンリー・キューブリック

Stanley Kubrick 昔は、スタンリー・カブリックね、日本版STARLOGがあった頃は、クーブリックって言う人も出てきたけど、一般的にはキューブリックかな。彼の映画を観ると、芸術肌だし、知的な気分になりますよね~。でもキューブリック自身はいわゆる落ちこぼれってやつで、大学にも進学できなかったんですよ。意外でしょ?(*1)でも、人の数倍勉強家で、研究熱心だったことは、完璧主義と言われる彼の映画を観れば明らかです。プリ・プロダクションの時間のかけ方なんて、ハンパじゃないですもんね。準備も完璧でないと次のステップには進まない。映画監督になるんだって、普通は映画学校行ったり、現場で修行したりするでしょ?スタンリーの場合は、古典映画を観まくり、プドフキンの本をむさぼり読み、監督になる準備が整った上で、監督でデビューしちゃうわけです。企画、資金の調達から公開されるまで、すべて彼流で、最後まで作家主義を貫いてました。

 「スパルタカス」は私の好きな1本ですが、スタンリーは自作と認めていませんでしたね。「突撃」にカーク・ダグラスが主演してくれたおかげで、彼は映画監督として大きな評価を得たんですが、仕事はなかったの。そこへダグラスからお呼びがかかり、「スパルタカス」の監督を引き受けたわけ。(*2)でも、この映画はダグラスのものでした。若いし、貸しのあるスタンリーなら自分の思い通りになるだろーって思惑があったんだろーね。事実、スタンリーの望むようには作らせてもらえず、雇われ監督に徹したという、彼にとっては屈辱的な作品だったわけです。

 うーん、私のベスト3は…、「2001年」「時計じかけ」それから、「現金に体を張れ」ですね。「げんきん」でなく、「げんなま」ですよ。時間軸が巧みに構成されたクライム・ストーリーです。

(*1)カメラマンしながら大学の夜間部に通っていた。
(*2)ダグラスと対立し、1週間でクビになったアンソニー・マンの代わり。

Stanley Kubrick (1928-1999)

tag : 監督

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示