fc2ブログ

1876年の『カラミティ・ジェーン』

カラミティ・ジェーン
Calamity Jane(1953)101分

カラミティ・ジェーン監督:デイヴィッド・バトラー 脚本:ジェームズ・オハンロン
撮影:ウィルフレッド・M・クライン 音楽:デヴィッド・バトルフ、ハワード・ジャクソン
出演:カラミティ・ジェーン:ドリス・デイ、ワイルド・ビル・ヒコック:ハワード・キール、ケイティ・ブラウン:アリン・アン・マクレリー、ダニー・ギルマーティン:フィリップ・ケイリー、ヘンリー・ミラー:ポール・ハーベイ、アデレード・アダムス:ゲイル・ロビンス

インディアンが字幕で先住民になってた。除隊したカラミティ・ジェーンがデッドウッドに定住した頃の話。楽しいミュージカル・コメディだった。男勝りで軍服を着た粗暴なキャラでデッドウッドではカラムって呼ばれてる。インディアンを何人撃ち殺したって自慢話はたぶんホラ話。ドリス・デイの歌声が豪快で威勢がいい。シカゴからまちがって連れてきたケイティの影響で女らしさを手に入れる。ドリスがだんだん綺麗になってくのがいい。住みかの薄汚い小屋もかわいく模様替え。見た目綺麗になっても行動は相変わらずで、泥だらけで帰ってくるとこは笑った。

ケイティ役のアリン・アン・マクレリーがアン・ハサウェイっぽい美形。ケイティのショーが素敵。カラムとケイティの友情が、勘違いから壊れちゃうんだけど、誤解が解けてハッピーエンド。カラムはワイルド・ビルと結婚して気持ちいいラストだった。
    カラミティ・ジェーンを描いた作品と演じた女優
  • 『平原児』(1936)ジーン・アーサー
  • 『腰抜け二挺拳銃』(1948)ジェーン・ラッセル
  • 『カラミティ・ジェーン』(1963)キャロル・バーネット
  • 『カラミティ・ジェーンとサム・バス』(1949)ヴォンヌ・デ・カーロ
  • 『バッファロー・ガールズ』(1995)アンジェリカ・ヒューストン
  • 『ワイルド・ビル』(1995)エレン・バーキン
  • 『デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン』(2004)ロビン・ワイガート
  • カラミティ』(2020)サロメ・ブルヴァン(声)

関連記事

tag : 西部劇ミュージカルオスカーコメディ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ