fc2ブログ

『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』

南海の大決闘
Godzilla vs. Sea Monster(1966)87分

南海の大決闘監督:福田純 特技監督:円谷英二 脚本:関沢新一
撮影:山田一夫 音楽:佐藤勝
出演:吉村:宝田明、ダヨ:水野久美、竜尉隊長:平田昭彦、基地司令官:田崎潤、仁田:砂塚秀夫、市野:当銀長太郎、彌太:伊吹徹、良太:渡辺徹、船長:天本英世、原住民A:沢村いき雄、白衣の男1:伊藤久哉、ゴジラ:中島春雄、エビラ:関田裕、小美人:ペア・バンビ

66年の公開当時は怪獣なのに全然怖くなくて、併映の『これが青春だ!』の方が面白かった。72年のチャンピオンまつり74分短縮版から50年ぶりに観てみた。やっぱ軽い作風は面白くない。

元々の脚本が『キングコング対エビラ』なので、ゴジラはコングの代役で芝居が合わず不自然。これでゴジラのキャラクターが変わってしまって人間の脅威じゃなくなった。ゴジラの水中戦は斬新かも。エビラの両腕もぎとっちゃうし。ゴジラ頭部はジラースに改造された大戦争ゴジを復活。目線はいつも上方で左目は破損してるっぽい。

核爆発迫ってるのにモスラがなっかなか起きずにイライラする。歌と踊りをやめたら目を覚ますモスラw ペア・バンビは違和感ありあり。ブサイクだし声を加工してるし。
    関連映画
  • 『ゴジラ』(1954)シリーズの第7作
  • ゴジラが落雷で覚醒するのは『キングコング対ゴジラ』(1962)コング
  • ゴジラがダヨを気に入るのは『キング・コング』(1933)、『キングコング対ゴジラ』(1962)コング
  • 大コンドルは『キング・コング』(1933)のプテラノドンのオマージュ
  • 大コンドルは『三大怪獣 地球最大の決戦』(1960)のラドンを改造したリトラを再改造
  • 島が沈没するシーンは『大冒険』(1965)の流用
  • ヤーレン号のミニチュアは『ゴジラ対ヘドラ』(1971)にも流用
関連記事

tag : 特撮怪獣脱出救出シリーズ冒険

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ