fc2ブログ

『海底47m 古代マヤの死の迷宮』

海底47m 古代マヤの死の迷宮
47 Meters Down: Uncaged(2019)90分

海底47m 古代マヤの死の迷宮監督:アーネスト・リエラ 脚本:ヨハネス・ロバーツ、アーネスト・リエラ
撮影:マーク・シルク 音楽:トムアンドアンディ
VFX:アウトポスト
出演:ソフィー・ネリッセ:ミア(上條沙恵子)、サーシャ:コリーヌ・フォックス(安済知佳)、アレクサ:ブリアンヌ・チュー (澁谷梓希)、ニコール:システィーン・スタローン(高橋雛子)、 グラント:ジョン・コーベット(伊藤竜次)

APVで観た。サメスリラーの傑作『海底47m』の続編。まったく別の話で47mじゃないけども、これまた傑作、超面白かった!サメ映画としては画期的!海底版の『ディセント』+『ドント・ブリーズ』、面白要素しかない。前作で550万ドルだった製作費は1200万ドルに倍増。

女子4人がダイビングで発掘中の海底遺跡をこっそり見物。「足を海底につけないでね、砂が舞って視界がなくなるよ」深海魚にびっくりして遺跡にぶつかりマヤ文明が将棋倒しw、舞い上がる砂で視界ゼロ!出口がわかんなくなって迷ってしまう。そこに巨大なホオジロザメ。深海暮らしで目は退化してるが、音には敏感。サメをよけながら、残りエアーを気にしつつ、迷路のような遺跡を右往左往して出口を探すサバイバル。「きっと出口はこっちよ!」行けばそこにサメ。白ビキニのスタローンの娘はデビュー作にして見事な食われっぷり!ジェイミー・フォックスの娘の運命は?

何とか海面にたどり着いた生き残り女子を待ってたのは伏線回収の悲劇!「船だわ、あそこまで泳ぐのよ!」いやー、こりゃまいった。凄まじいラストだったー。この映画でサメは1匹も退治されないのがユニーク。ボディカウントは4人。

「この映画のためにサメが怪我をすることはありませんでした。サメは年間に10人未満しか殺しません。 研究によると、人間は年間最大1億匹のサメを殺しています」
    関連映画
  • 海底47m』(2017)の続編
  • 海底で飛び出すベンの生首は『ジョーズ』(1975)のオマージュ
  • ニコールがスローモーションで落下するショットは父親の『クリフハンガー』(1993)でミシェル・ジョイナーと同じ方法で撮影された
  • 洞窟サバイバルは『ディセント』(2005)、『地獄の変異』(2006)、『サンクタム』(2011)、『ディープ・サンクタム』(2017)
関連記事

tag : サバイバルスリラー冒険

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ