fc2ブログ

『スリー・フロム・ヘル』

スリー・フロム・ヘル
3 from Hell(2019)115分

スリー・フロム・ヘル監督・脚本:ロブ・ゾンビ
撮影:デヴィッド・V・ダニエル 音楽:ゼウス、ロブ・ゾンビ
出演:ベイビー:シェリ・ムーン・ゾンビ、オーティス・ドリフトウッド:ビル・モーズリー、キャプテン・スポールディング:シド・ヘイグ、ウォーデン:ジェフリー・ダニエル・フィリップス、ウィンスロー:リチャード・ブレイク、バギー・ブリッツス:クリント・ハワード、セバスチャン:パンチョ・モラー、ロンド:ダニー・トレホ、アクエリアス:エミリオ・リヴェラ、グレタ:ディー・ウォレス

『デビルズ・リジェクト』から14年ぶりの続編。前作までめちゃくちゃ面白かったのに、パワーダウンしたなー。みんな老いちゃって迫力不足。キャプテン・スポールディングが中心だったみたいだったけど、どうもシド・ヘイグの健康状態が悪くて、新キャラの弟を加えた3人組にするなど大幅に脚本をリライトしたって。前半は地味でかったるいけど、後半のメキシコ編はマカロニウエスタン風でちょっとよくなった。

スリー・フロム・ヘル
メヒコの殺しの軍団がみんなマスクマンなのはよかった。声で正体がバレたり、やられてマスクはがされたり。

シド・ヘイグは映画公開の5日後に亡くなって、これが遺作になっちゃった。前作で20人だったキルカウントは倍の41人。
    関連映画
  • 『マーダー・ライド・ショー』(2003)シリーズの3作目
  • デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(2005)の続編
  • 女看守グレタは『女体拷問人 グレタ』(1977)から
  • オーティスとウィンスローは『必死の逃亡者』(1955)を話題にする
  • オーティスはメキシコの「死者の日」をリアルな『死霊のえじき』(1985)と言う
  • ホテルのTVで見てたのは『ノートルダムのせむし男』(1923)、『ジャングルの騒動』(1952)、『死なない頭脳』(1962)
関連記事

tag : スリラーバイオレンスゴア復讐殺し屋ハロウィン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ