fc2ブログ

『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』

スタントウーマン
Stuntwomen: The Untold Hollywood Story(2020)84分

スタントウーマン監督:エイプリル・ライト 脚本:ネル・スコベル
原作:モリー・グレゴリー
撮影:スベトラーナ・スベトゥコ 音楽:ノラ・クロール=ローゼンバウム
出演:ミシェル・ロドリゲス、エイミー・ジョンソン、アリマ・ドーシー、シャーリーン・ロイヤー、ジニー・エッパー、ジュール・アン・ジョンソン、ジェイディ・デビッド、デブン・マクネア、ハイディ・マニーメイカー、レネー・マニーメイカー、ドナ・キーガン、ミシェル・ジュビリー・ゴンザレス、シェリル・ルイス、ジェニファー・カプート、ケリー・ロイシーン、ハンナ・ベッツ、リー・ジン、タミー・ベアード、ケイトリン・ブルック、ジェシー・グラフ、メリッサ・スタッブス、デビー・エバンス、ドナ・エバンス、ラファイエ・ベイカー、アンジェラ・メリル、ケイシャ・タッカー、マリッサ・ラボッグ、バイア・ザガナス、キリアナ・スタントン、ジェニファー・マイレーア、ゼンダラ・ケネディ、ポール・バーホーベン
ナレーター:ミシェル・ロドリゲス

APVで観た。スタントウーマンのドキュメンタリー。プロフェッショナルでかっけえ!リスペクトしちゃう。製作兼ナレーターのミシェル・ロドリゲスとスタントウーマンたちのガールズ・トークが楽しい。現役スタントウーマンたちが、『ワンダーウーマン』や『バイオニック・ジェミー』などスタントウーマンのレジェンドに話を聞く。昔は男性スタントマンが女装してスタントしてた印象だけど、スタントウーマンは1930年代から活躍してた。

カースタントに格闘、飛び降り。仲間の命は自分の手に、自分の命は仲間の手にあるって言葉がわかりやすい。武勇伝ばっかりじゃなくて、大怪我をしたり、性差別されたり、干されたり、優秀な仲間が命を落としたりの暗い面も事欠かない。『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』や『バイオハザード:ザ・ファイナル』の痛ましいスタント事故。安全って何?ってこと。リンダカーターのボディダブルで有名なジニー・エッパーがあの頃の自分に戻りたいって泣き出すところはホロッときた。

スタントウーマン
『ワンダーウーマン』(1975)のジニー・エッパー、『チャリエン』(1976)のジュール・アン・ジョンソン、『フォクシー・ブラウン』(1974)のジェイディ・デビッド、『トゥルーライズ』(1994)のドナ・キーガン

今ではドナ・キーガンやゾーイ・ベルがスタントコーディネーターになってる。やっと、そーゆー時代がきた。アカデミー賞にスタント部門がないのはおかしい。エミーはできたのに。命かけてるんだぜー。
    クリップ
  • 『幸運の悪魔』『キングコング』(1933)、『ハリケーン』(1937)、『風と共に去りぬ』『砂塵』(1939)、『女群西部へ!』(1951)、『恐怖のメロディ』(1971)、『ロイ・ビーン』(1972)、『コフィー』(1973)、『フォクシー・ブラウン』『大地震』『女刑事クリスティー 』(1974)、『ワンダーウーマン』(1975)、『地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル』『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』(1976)、『ジェット・ローラーコースター』『白バイ野郎ジョン&パンチ』(1977)、『スペースキャット』『グレート・スタントマン』『デススポーツ』『ジョーズ2』(1978)、『キャノンボール』(1981)、『ブレードランナー』(1982)、『スカーフェイス』『愛と追憶の日々』(1983)、『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』『インディ・ジョーンズ/ 魔宮の伝説』(1984)、『ロボコップ』(1987)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989)、『トータルリコール』(1990)、『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー』(1992)、『X-ファイル』(1993)、『トゥルーライズ』『スピード』(1994)、『チャーリーズ・エンジェル』(2000)、『トゥームレイダー』『ワイルド・スピード』(2001)、『バイオハザード』(2002)、『マトリックス・リローデッド』『キル・ビル Vol.1』『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(2003)、『スパイダーマン2』(2004)、『レッドライン』『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)、『ワイルド・スピード MAX』(2009)、『アイアンマン2』(2010)、『プリースト』(2011)、『ザ・ホスト 美しき侵略者』『サドンデス』(2013)、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』『ジョン・ウィック』(2014)、『ワイルド・スピード SKY MISSION』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『キューティ・コップ』(2015)、『レジェンド・オブ・トゥモロー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ゴーストバスターズ』『バイオハザード: ザ・ファイナル』(2016)『アトミック・ブロンド』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『ダイナスティ』『フューチャーマン』『ザ・ディフェンダーズ』(2017)、『ブラックパンサー』(2018)
    スタントウーマンを描いたの映画
  • 『スタントウーマン 夢の破片』(1996)、『Double Dare』(2004)、『ネバー・ダイ』(2020)
    スタントマンを描いたの映画
  • 『スタントマン』(1968)、『キャプテン・アメリカ 』(1971)、『スタントマン殺人事件』『ムッシュとマドモアゼル』(1977)、『グレート・スタントマン』(1978)、『スタントマン』(1980)、『蒲田行進曲』(1982)、『落下の王国』(2006)、『ホット・ロッド/めざせ!不死身のスタントマン』(2007)、『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)、『ドライブ』(2011)、『イン・ザ・ヒーロー』(2014)、『破壊のスタントマン』(2017)、『スタントマン』(2018)、『スタントマン』(2021)
関連記事

tag : ドキュメンタリーメイキングアクション格闘チェイス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ