fc2ブログ

『レスキュードッグ・ルビー』

Rescued by Ruby
Rescued by Ruby(2022)90分

Rescued by Ruby監督:カット・シア 脚本:カレン・ジャンツェン
撮影:デイビット・バーコヴィッチ 音楽:ジョイ・ヤオ
出演:ダン:グラント・ガスティン(清水優譲)、メル:ケイラ・ザンダー(清水理沙)、マット:スコット・ウルフ(矢崎文也)、パット:カミール・サリヴァン(藤貴子)、シーマス:トム・マクビース、サム:シャロン・テイラー、アマンダ:アイリーン・ペッド、ルビー:ベラ

Netflix映画。K-9ユニットを目指す警官ダンと保護犬のルビーの実話。ジャーマン・シェパードじゃなくてもK-9になれる!ルビーはオーストラリアン・シェパードとボーダーコリーのミックス。K-9アカデミーの入学試験で3メートル離れて5分間の「マテ」はドキドキした。ルビーは相当やんちゃだけど、ダンがしつけを努力する。ルビーのPOVがあった。

ダンは「僕はスーパーヒーローに憧れてる。特殊能力を持った相棒がいれば僕の弱みをカバーしてくれる」って言う。粒子加速器が暴走して雷に打たれてってのもありだけどね。ダンとルビーがミッションをクリアしたときの喜びはよくわかる。

ダンとルビーが似てることに気づいた奥さんもサポートしてくれる。ルビーがちゃんと応えてくれるとこっちまで嬉しくなる。自分の犬を信じてあげることの大事さがテーマ。悪役は出てこない。周りにはダンとルビーを応援してくれてる人たち。怖いマット教官も実は期待してくれてる。

レスキュードッグ・ルビー
最後に実際のダンとルビーが紹介される。ルビー役を演じたベラもシェルターから引き取った保護犬だそうで。エンドロールでブルーパーズのオマケ付き。

グラント・ガスティンの声が福山潤じゃない!ダメでしょ、それ。違和感あるけどギリギリ観られる感じ。
    関連映画
  • K-9の犬が登場するのは『K-9/友情に輝く星』(1988)、『K-9 はみだしコンビ大復活!』(2002)、『僕のワンダフル・ライフ』(2017)
関連記事

tag : Netflix実話警察ミッションPOV

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ