fc2ブログ

1959年の『日本列島』

日本列島
日本列島(1965)101分

日本列島監督・脚本:熊井啓
原作:吉原公一郎「小説日本列島」
撮影:姫田真佐久 音楽:伊福部昭
出演:秋山:宇野重吉、伊集院和子:芦川いづみ、原島:二谷英明、黒崎刑事:鈴木瑞穂、宮川:武藤章生、服部:平田守、川北:庄司永建、警視総監:下元勉、サミエルの弁護士:伊藤寿章、伊集院元少佐:長尾敏之助、捜査三課長:雪丘恵介、捜査一課長:長弘、とよおばさん:紅沢葉子、栄子:佐々木すみ江、小林厚子:木村不時子、生沢:日野道夫、涸沢:大滝秀治、刑事部長:加藤嘉、佐々木:佐野浅夫、日高:内藤武敏、佐々木菊子:北林谷栄、K・ロベルト:ハロルド・S・コンウェイ、ポラック中尉:ガンター・スミス、スペンサー大尉:F・ブルーノー、リミット曹長:チャーリー・ジョンソン、ナレーター:北村和夫

熊井啓お得意の謀略サスペンス。『帝銀事件 死刑囚』や『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』ほどじゃないけど、実際の未解決事件(スチュワーデス殺人事件と下山事件、松川事件)や実在した旧陸軍登戸研究所が盛り込まれてて、リアリティ増し増しで十分面白かった。キャンプ・スコットのCID(米陸軍犯罪捜査部門)で通訳主任の宇野重吉が、迷宮入りのリミット曹長事件を調査する。仲間は記者の二谷英明と警視庁の鈴木瑞穂。カギは旧陸軍の偽札印刷機と技師の行方。

調査はリミット曹長はなぜ殺されたか?から始まって、涸沢→占領時代の米スパイ機関→偽ドル札事件→旧陸軍登戸研究所→ザンメル印刷機→失踪した印刷技師→佐々木殺害。真相に近づくほど重要人物が殺されていく。核心に迫ると上からの圧力で捜査中止。さらに、スチュワーデス殺人事件→サミエル神父国外逃亡→沖縄→秋山と陳陽成の殺害。

日本列島
警察発表に詰め寄る記者たち

昭和40年の東京、当時の米軍機(特にF102)も盛りだくさんで貴重な映像。伊福部昭の劇伴が『ゴジラ』っぽい。
日本列島
F-102
    関連映画
  • 『帝銀事件 死刑囚』(1964)、『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』(1981)
関連記事

tag : クライム昭和ミステリー実話警察航空機ドラマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ