fc2ブログ

1990年の『ANNA/アナ』

ANNA/アナ
ANИA(2019)119分

ANNA/アナ監督・脚本:リュック・ベッソン
撮影:ティエリー・アルボガスト 音楽:エリック・セラ
製作:ヨーロッパ・コープ
出演:アナ:サッシャ・ルス(志田有彩)、オルガ:ヘレン・ミレン(磯辺万沙子)、アレクセイ・チェンコフ:ルーク・エヴァンス(藤真秀)、レナード・ミラー:キリアン・マーフィー(津田健次郎)、モード:レラ・アボヴァ(高橋雛子)、ワシリエフ:エリック・ゴードン(箆津弘順)、モサン:イヴァン・フラネク (栗田樹)、サミー:ジャン=バティスト・ピュシュ(蒼谷和樹)、オレグ:アンドリュー・ハワード(中野泰佑)

Netflixで観た。ベッソンが好きそうな映画だなーって思ったら、ベッソンが監督・脚本だった。『ニキータ』や『アサシン』と似たキャラとプロットで、KGBの女スパイバージョン。これにCIAがからんできて第3幕は盛り上がった。うまく捌いたなあ。ソ連とKGBが解体する直前だし。

ミッションを後でフラッシュ・バックして種明かしする構成を多用してて、フラッシュバック映画の醍醐味。アナ役の人に文句はないけど、あんまし好きでない。ネコっぽいんだよね。
    関連映画
  • 『ニキータ』(1990)、『アサシン』(1993)のKGB版
関連記事

tag : スパイ殺し屋KGBCIA暗殺ミッション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ