fc2ブログ

『アリオン』

アリオン
アリオン(1986)118分

アリオン原作・監督・キャラクターデザイン・作画監督:安彦良和
演出:浜津守、脚本:田中晶子、安彦良和
撮影:斉藤秋男 音楽:久石譲
出演:アリオン:中原茂、レスフィーナ:高橋美紀、デメテル: 武藤礼子、セネカ: 田中真弓、ギド:西尾徳、ゼウス:大久保正信、ハデス:大塚周夫、ポセイドン:小林清志、アポロン:鈴置洋孝、アテナ:勝生真沙子、アレース:島田敏、ガイア:来宮良子、プロメテウス:田中秀幸、リュカオーン:永井一郎、ヘラクレス: 郷里大輔、エートス:宮内幸平

プライムで観た。『ナウシカ』に続く徳間アニメ第二弾。原作は読んでたけど、映画は観に行かんかった。安彦さんの監督作って『クラッシャージョウ』もそうだったけど、泥臭くてヌルくて好きじゃない。迷いの森みたいな異空間がお好きだし。『巨神ゴーグ』の失敗で最悪のモチベーションでやってたらしい。それと先の『ナウシカ』にはかなわないって諦め感。作画は外注撒きで安彦さんが作監修を入れる従来式。作画的には高水準だと思うけど。ポーズも芝居も。ぴょんぴょん飛ぶのをFollowPanで見せたり、モブの戦闘シーンがあったり。枚数使ってるし。でも面白くない。

興収は6.3億円。同時期の『北斗の拳』が18億、『ドラえもん のび太と鉄人兵団』が13億、『キン肉マン ニューヨーク危機一髪!』が7.5億。前作の『ナウシカ』が14.8億円。安彦さんはアニメ業界に居場所はないと再び落ち込んだそうで。
    関連映画
  • 『北斗の拳』(1986)のモブにアリオンがいる
関連記事

tag : ファンタジーアクションアニメーション戦場コミック異世界

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ