fc2ブログ

『AK‐47 最強の銃 誕生の秘密』

Kalashnikov
Kalashnikov(2020)104分

Kalashnikov監督:コンスタンチン・バスロフ 脚本:セルゲイ・ボドロフ、アナトリー・ウソフ
撮影:マキシム・シンコレンコ 音楽:セルゲイ・スターン
出演:カラシニコフ:ユーリー・ボリソフ(峰晃弘)、エカテリーナ:オルガ・ラーマン(兼田めぐみ)、リューティ:アルトゥール・スモリアニノフ(山下大毅)、カザコフ:マクシム・ビットゥコフ、デグチャレフ:バレリー・バリノフ、カーバトキン:ビタリ・カエフ、ロボフ:アレクセイ・ベルトコフ

AK-47の開発秘話でなく、ミハイル・カラシニコフの伝記映画。第二次大戦の戦車兵時代からAK-47正式採用まで。トントン拍子で銃器開発に就くけど、コンペには落ちてばっかり。でもコンペのライバル達はカラシニコフを認めてる。テクニカルな描写は省いてて大雑把に銃を試作するプロセスがわかる。発明好きなカラシニコフ、仲間の協力や上官の支援が描かれる。『風立ちぬ』の堀越二郎みたいなもん。開発の苦労よりはなんとなくできちゃった感じ。カラシニコフが参考にしたアサルトライフルの元祖ドイツのSTG-44にはまったく触れてないし。

Kalashnikov
カラシニコフは製図ができなくて、ラフスケッチ程度。設計図面はのちの奥さんエカテリーナが担当。
関連記事

tag : WWII実話伝記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ