fc2ブログ

1982年の『復活の日』

VIRUS
VIRUS(1980)156分

VIRUS監督:深作欣二 脚本:高田宏治、深作欣二、グレゴリー・ナップ
撮影:木村大作 音楽:羽田健太郎
原作:小松左京(角川文庫版)
VFX:グレッグ・ジーン
出演:吉住周三:草刈正雄、中西隊長:夏木勲、浅見則子:多岐川裕美、松尾明正:永島敏行、辰野好子:丘みつ子、母親:中原早苗、真沢隆司:森田健作、山内博士:千葉真一、辰野保男:渡瀬恒彦、土屋教授:緒形拳、隊員:角川春樹、マリト:オリビア・ハッセー、リチャードソン大統領:グレン・フォード、コンウェイ提督:ジョージ・ケネディ、カーター少佐:ボー・スベンソン、ロペス大尉:エドワード・J・オルモス、サラ・ベーカー:ステファニー・フォークナー、マイヤー博士:スチュアート・ギラード、ラトゥール博士:セシル・リンダー、マクラウド艦長:チャック・コナーズ、ガーランド統参議長:ヘンリー・シルバ、バークレイ上院議員:ロバート・ボーン

生物兵器MM-88で南極以外全滅。冒頭で東京を偵察するネレイド号。あれ、寄り道しないで南極からワシントンに直行すれば間に合ったんじゃないの?

復活の日
無線で渡瀬恒彦が「スイッチを放せ!」って叫びまくるシーンが最高。「トビー、スイッチ!」どんなにでかい声で叫んでもトビーに聞こえてないのに。銃声。5歳の拳銃自殺。「きっと空に向けて撃ったんですよ」と漏らした森田健作に襲いかかる渡瀬!深作節、全開!虫の息のあきらちゃんを乗せてモーターボートで東京から南極に向かうゾンビメイクの多岐川裕美の気迫もすごい。寒くなくなる薬も限りがある。南極は遠いぞ。

復活の日
あと、ARS発動させたがりのヘンリー・シルバがすごい!しゃべるとツバが飛んできそうな勢い。朽ち果てた姿もシルバそっくり!

復活の日
ワシントンからチリの南端まで歩いた草刈正雄。「ヨシズミ!」ってオリビア・ハッセーがイイ顔で迎えてくれる。

原潜ネレイド号をグレッグ・ジーンが作ってるけど、ミニチュアが大きすぎて特撮プールに入らず木村大作怒る。グレッグも日本側と全く連携とれなかったって怒ってたらしい。
    関連映画
  • パンデミック映画は、『アンドロメダ...』『地球最後の男オメガマン』(1971)、『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(1973)、『カサンドラ・クロス』(1976)、『真昼の決闘'88/殺戮汚染都市』(1988)、『アウトブレイク』『12モンキーズ』(1995)、『アイ・アム・レジェンド』(2007)、『感染列島』(2009)、『クレイジーズ』(2010)、『コンテイジョン』(2011)、『FLU 運命の36時間』(2013)
関連記事

tag : Sci-Fi崩壊後潜水艦サバイバル昭和

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ