fc2ブログ

『光に叛く者』

The Climinal Code
The Climinal Code(1930)96分

The Climinal Code監督:ハワード・ホークス 脚本:シートン・I・ミラー、フレッド・ニブロ・Jr
原作戯曲:マーティン・フラヴィン
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ、テッド・テズラフ 音楽:サム・ペリー
出演:ブレイディ:ウォルター・ヒューストン、ロバート・グラハム:フィリップス・ホームズ、メアリー:コンスタンス・カミングス、ギャロウェイ:ボリス・カーロフ、グリーソン:デウィット・ジェニングス、ガートルード・ウィリアムズ:メアリー・ドーラン、クラック:アンディ・ディヴァイン

APVで観た。『暗黒街の顔役』の前年のホークス映画。舞台劇の映画化。運悪く人を殺しちゃった好青年ボブ君が10年の刑で服役する刑務所もの。2500人も収容するでかい刑務所だが、狭い監房に3人!3段ベッドと1人通れるスペースしかない。
The Climinal Code
ボブと同じ房の収監仲間は片肺ジイさんとボリス・カーロフ!囚人の中に唯一の非白人、熊本出身ハリウッド俳優の駒井哲って人がいるらしいが、わからんかった。
The Climinal Code
それから6年。脱獄しようとしたジイさんは密告されて失敗、命を落とす。密告者は全囚人の怒りを買って殺される。殺す役はもちろんカーロフ!素顔なのに怖いわー、悪顔揃いの中でもダントツでインパクトある。密告は仲間を裏切る行為。密告者はカーロフが殺しにくる。ボブ君は密告しなかった。がんばった、えらい!
The Climinal Code
所長が髭を剃ってもらってるのは、検事時代にブチ込んだ、喉を切り裂き男。
The Climinal Code
壁の2時15分を看守が来た途端、速攻で横顔にしちゃうのが見事。
The Climinal Code
模範囚のボブ君は所長の愛娘と恋仲に。よかったじゃんw しかも仮釈放までされておしまい。
    関連映画
  • 『Penitentiary』(1938)、『Convicted』(1950)は同じ戯曲を映画化
  • 『Penitentiary』(1938)はリメイク
  • 刑務所シーンは『Behind the Mask』(1933)で引用
  • ボリス・カーロフは『殺人者はライフルを持っている!』(1968)中、TVで見ている
関連記事

tag : オスカークライム裁判ドラマクラシック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ