fc2ブログ

『侵入する男』

The Intruder
The Intruder(2019)102分

The Intruder監督:デオン・テイラー 脚本:デヴィッド・ロッカリー
撮影:ダニエル・パール 音楽:ジェフ・ザネリ
出演:スコット・ハワード:マイケル・イーリー(板倉光隆)、アニー・ハワード:ミーガン・グッド(うえだ星子)、マイク:ジョセフ・シコラ(森宮隆)、チャーリー・ペック:デニス・クエイド(てらそままさき)

Netflixで観た。日本は劇場未公開の良質侵入スリラー。侵入映画はサメ映画と同じくらい面白いジャンル。81年、全日にハンセンが乱入したとき、馬場は「人んちに入ってきてだな、テリーに手出したりされたんじゃたまったもんじゃない、そうでしょ?」って言ってた。

都会の夫婦が田舎の家を購入したら、いつものように怖い目にあう。これが家に憑いた悪霊とかでなく前オーナー。それがデニス・クエイドならなおさら怖い。『コールド・クリーク 過去を持つ家』(2003)では前オーナーのスティーブン・ドーフから購入したデニス・クエイドが怖がる方だったので逆パターン。

The Intruder
クエイドのサイコぶりが怖くてよかった。白いドアは、破って顔出すのは定番。「ここは俺の家だあーーーーーー!」ラスト、アニーが911に電話して「夫が侵入者を銃で撃ったの」って伝えてからスコットがズドーン!

恐怖アイテムはキツネノテブクロ、タバコ、ショットガン。
    関連映画
  • 『コールド・クリーク 過去を持つ家』(2003)ではデニス・クエイドとシャロン・ストーンの夫婦が前所有者のスティーブン・ドーフを怖がる
  • アデライン、100年目の恋』『レプリカ』(2012)、『リバーデイル』(2017)と同じ家
  • スコットはチャーリーを『バンビ』(1942)を殺した男と呼ぶ
  • 森に入るスコットとマイクは『スクービー・ドゥー』(2002)を思い出す
  • チャーリーが壊したドアの穴から頭を突き出すのは『シャイニング』(1980)
  • チャーリーが「僕たちは最初からこの日を持ってた」というのは『欲望という名の電車』(1951)から
  • チャーリーが隠れ住んでた部屋は『ザ・ボーイ ~人形少年の館~』(2016)
  • 自宅への侵入者に恐怖するのは『らせん階段』(1945)、『必死の逃亡者』(1955)、『不意打ち』(1964)、『時計じかけのオレンジ』(1971)、『夕暮れにベルが鳴る』(1979)、『スクリーム』(1996)、『ファニーゲーム』(1997)、『パニック・ルーム』(2002)、『正体不明THEM』(2006)、『屋敷女』(2007)、『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』(2008)、『ブラインド・フィアー』『サプライズ』(2011)、『パージ』(2013)、『ホーム・インベージョン』(2014)、『タイガー・ハウス』(2015)、『サイバー・リベンジャー』『ドント・ブリーズ』(2016)、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)、『サイトレス』(2020)、『ドント・ブリーズ2』『イントルージョン/侵入』(2021)
関連記事

tag : スリラー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ