fc2ブログ

奇習『ミッドサマー』歓迎

Midsommar
Midsommar(2019)147分

Midsommar監督・脚本:アリ・アスター
撮影:パヴェウ・ポゴジェルスキ 音楽:ボビー・クーリック
出演:ダニー・アーダー:フローレンス・ピュー(井上麻里奈)、クリスチャン・ヒューズ:ジャック・レイナー(前野智昭)、ジョシュ:ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(濱野大輝)、マーク:ウィル・ポールター(沢城千春)、ペレ:ヴィルヘルム・ブロングレン(落合福嗣)、サイモン:アーチー・マデクウィ(三瓶雄樹)、コニー:エローラ・トルキア(丸山ナオミ)

Netflixで観た。長尺だけど、飽きなかった。アリ・アスターって『ヘレディタリー/継承』もそうだったけど、カルトなギャグ好きだねえ。ホラー、なの?まったく怖くはないけど、ブラックコメディとして楽しめた。スウェーデンのホルガ村。90年に1度のお祭りだもの、そりゃ見たいよ。

ホルガ村のウェブサイト:Welcome to Hårga

『ウィッカーマン』は田舎の奇習ホラーとしてうすら怖かったけど、リメイク版はお笑い映画として面白かったのに似てる。明るくて陽気だからかな。芸人が出演してないものの、『モンティパイソン』『ごっつええ感じ』みたいなノリのテイスト。フリがあったら期待通りのオチにつながるけど、もうひと押しがあって。木にオシッコしたらめっちゃ反感買うとか。陰毛食わせたり、ニコラス・ケイジみたいなクマさんにしたり。特に毒霧を浴びたクリスチャンの儀式シーンがオモロイ。ケツ押されとるしwそれを見たダニーがパニック発作になって村人が真似するとか笑える。
    関連映画
  • A24の『ウィッチ』(2016)、『フリー・ファイヤー』『イット・カムズ・アット・ナイト』(2017)、ヘレディタリー/継承』(2018)に次ぐぐ5作目
  • 出発前にスウェーデン旅行の話をするシーンで、部屋の冷蔵庫の上に『オズの魔法使』(1939)のかかしの写真
  • 生贄を伴う田舎のカルト儀式は『ウィッカーマン』(1973)
  • 旅行者を祭りに歓迎して惨殺するのは『2000人の狂人』(1964)、『2001人の狂宴』(2005)
  • クリスチャンが全裸で逃げるのは『鮮血の美学』(1972)
  • 子供達と一緒に観ないかと誘われた映画は『オースティン・パワーズ』(1997)
  • クリスチャンにクマを着せて燃やすのは『ウィッカーマン』(2006)のニコラス・ケイジ。元々は『赤死病の仮面』(1964)のパトリック・マギーのエイプスーツ
    Midsommar

  • アリ・アスターが参考にしたのは『黒水仙』(1947)、『神々のたそがれ』(2013)、『マクベス』(1971)、『テス』(1979)
関連記事

tag : ホラーコメディゴアオマージュ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ