fc2ブログ

『マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)』

The Meyerowitz Stories (New and Selected)
The Meyerowitz Stories (New and Selected)(2017)110分

The Meyerowitz Stories (New and Selected)監督・脚本:ノア・バームバック
撮影:ロビー・ライアン 音楽:ランディ・ニューマン
出演:ダニー・マイヤーウィッツ:アダム・サンドラー(森川智之)、イライザ:グレイス・ヴァン・パタン(清水理沙)、ハロルド・マイヤーウィッツ:ダスティン・ホフマン(羽佐間道夫)、モリーン:エマ・トンプソン(幸田直子)、ジーン・マイヤーウィッツ:エリザベス・マーヴェル(斎藤恵理)、マシュー・マイヤーウィッツ:ベン・スティラー(落合弘治)、ジュリア:キャンディス・バーゲン (久保田民絵)、L・J・シャピロ:ジャド・ハーシュ (清川元夢)、ロレッタ・シャピロ:レベッカ・ミラー (加藤有生子)、ソーニ医師:サキナ・ジャフリー(佐藤しのぶ)、パム:ガイル・ランキン(保澄しのぶ)、マーカス:ダニー・フラハティ(下川涼)、ジェームズ:ロナルド・ピート(田所陽向)、グレン:デヴィッド・クロマー(志賀麻登佳)、ランディ:アダム・ドライバー(藤翔平)、ゲイブ:マシュー・シアー(佐々木啓夫)、トニー:(種市桃子)、ビクトリア:(櫻庭有紗)、ゴンザレス医師:(宮本誉之)、ポール:(堀越富三郎)、ロビン:(矢野智也)、看護師:マイケル・チャーナス、シガニー・ウィーバー:シガニー・ウィーバー(幸田直子)

Netflixで観た。家族の話で面白かった。豪華キャストによるテンポいい会話のアンサンブル劇。元彫刻家のダスティン・ホフマンの父親を中心に疎遠だった家族が確執を乗り越えてまとまってく。ストーリーの起伏が激しくて飽きない。

偏屈なダスティン・ホフマンは3番目の妻エマ・トンプソンと暮らしてる。2番目の妻キャンディス・バーゲンとの息子がベン・スティラーで芸術の道に進まずビジネスマンとして成功。最初の妻との子供がアダム・サンドラーとエリザベス・マーヴェルで、父親に愛されなかった。

アダム・サンドラーの娘は大学で映画を学んでて作る作品はトンデモねえw シガニー・ウィーバーは本人役。特に腹違いの兄弟、サンドラーとスティラーのやりとりは絶妙でオモロかった。担当医や看護師がコロコロ変わる病院も困るねw
    関連映画
  • ハロルドのVHSは『市民ケーン』(1941)、『反撃の銃弾(1957)、『甘い生活(1960)、『大人は判ってくれない(1959)、『トラ トラトラ!』(1970)、『ウディ・アレンのバナナ』(1971)、『地獄の逃避行』(1973)、『ジョーズ』(1975)、『ハロウィン』(1978)、『スターダスト・メモリー』(1980)、『愛と追憶の日々』『再会の時』『カメレオンマン』(1983)、『ビバリーヒルズコップ』『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)、『夜霧のマンハッタン』『刑事グラハム/凍りついた欲望』『デヴィッド・バーンの トゥルー・ストーリー』(1986)、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)、『オンリー・ザ・ロンリー』(1991)、『レッドロック/裏切りの銃弾』(1993)、『エキゾチカ』(1994)
  • ハロルドが言及するのは『若草の頃』(1944)、『シュトロツェクの不思議な旅』(1977)、『SEXテープ』(2014)
  • ハロルドはマシューの息子が『シャイニング』(1980)の子供ダニーに似ていると言う
  • マシューの兄はダニー、息子はトニーで『シャイニング』(1980)のダニーのイマジナリーフレンドはトニー
  • ハロルドはジャケットのポケットに入ってた半券は『きっと、星のせいじゃない。』(2014)
  • ダニーとエリザはバイオニックの話をするのは『600万ドルの男』(1974)、『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』(1976)
  • ダニーは『ヴィデオドローム』(1983)に言及
  • ハロルドがTVで見てたのは『新婚道中記』(1937)、『夜霧のマンハッタン』(1986)
  • アダム・サンドラーとベン・スティラーは『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』(1996)でも共演してる
  • ダスティン・ホフマンは『靴職人と魔法のミシン』(2014)でもアダム・サンドラーの父親役
  • ダスティン・ホフマンは『ミート・ザ・ペアレンツ2』(2004)と『ミート・ザ・ペアレンツ3』(2010)でもベン・スティラーの父親役
関連記事

tag : Netflixコメディ家族ドラマNYアンサンブル兄弟

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ