fc2ブログ

『媚薬』

Bell, Book and Candle
Bell, Book and Candle(1958)106分

Bell, Book and Candle監督:リチャード・クワイン 脚本:ダニエル・タラダッシュ
原作:ジョン・ヴァン・ドルーテン「ベルと本とローソク」
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ 音楽:ジョージ・ダニング
出演:シェップ:ジェームズ・スチュワート、ギル:キム・キム・ノヴァク、ニッキー:ジャック・レモン、シドニー:アーニー・コバックス、クイーニー:エルザ・ランチェスター、デパス婦人:ハーミオン・ジンゴールド、マール:ジャニス・ルール

ジェームズ・スチュワートとキム・ノヴァクって、なんと『めまい』と同じ年のロマコメだった。邪悪じゃない魔女の元祖。舞台劇の映画化でTV版『奥様は魔女』の元ネタなんだと。魔女設定は涙が出ない、頬を赤らめない、水に浮く、恋すると魔力を失う。原題のベル、本、蝋燭は魔女の道具。

ブードゥー用品店のキム・ノヴァクは、2階に住む出版編集者ジミー・スチュワートを魔法で自分に惚れさせる。1942年版『奥様は魔女』みたいに惚れ薬は使わない。黒猫の魔力を使う。
Bell, Book and Candle
でも自分も好きになっちゃって、魔女だと明かす。怒ったジミーは魔法を解除してもらって決裂。魔力を失ったノヴァクとジミーは復縁するって話。意外と平凡で薄かった。

ジミーが見せるケーリー・グラントみたいなコミカルな芝居が面白い。ワーロックのジャック・レモンとパイワケットを演じたシャム猫が好演。叔母さんのエルザ・ランチェスターも無邪気でよかった。
    関連映画
  • TVシリーズ『奥さまは魔女』(1964)の元ネタ
  • 魔女が人間と結婚するのは『奥さまは魔女』(1942)
関連記事

tag : コメディ魔女NYクリスマス魔法ファンタジー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ