fc2ブログ

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』

Brightburn
Brightburn(2021)114分

Brightburn監督:デヴィッド・ヤロヴェスキー 脚本:ブライアン・ガン、マーク・ガン
製作:ジェームズ・ガン、ケネス・ファン
撮影:マイケル・ダラトーレ 音楽:ティモシー・ウィリアムズ
出演:トリ・ブライア:エリザベス・バンクス(園崎未恵)、カイル・ブライア:デヴィッド・デンマン(星野貴紀)、ブランドン・ブライア:ジャクソン・A・ダン(庄司宇芽香)、ノア・マクニコル:マット・ジョーンズ(森宮隆)、メリリー・マクニコル:メレディス・ハグナー(おまたかな)、ロイス:エイブラハム・クリンクスケールズ(田村千恵)、ミス・エスペンシード:ジェニファー・ホランド(寺依沙織)、ケイトリン・コナー:エミー・ハンター(和多田美咲)、エリカ・コナー:ベッキー・ウォールストロム(中村綾)、ディーヴァー保安官:グレゴリー・アラン・ウィリアムズ(ボルケーノ太田)、ザ・ビッグT:マイケル・ルーカー

かぐや姫が月からの刺客だったらいいのにって思ったものだけど、まさしく、これ!好きなやつ。『スーパーマン』の設定が実は『オーメン』になるのが最高!不気味さと邪悪さ!ブランドンいいわあ、12歳で覚醒して特殊能力で殺しまくる。不気味な絵を描くってのも定番要素だね。

ゴアも惜しみなく。ダイナーの蛍光灯が破裂して、ウエイトレスの左目に破片が刺さるシーンいい。自分で引っこ抜く!おじさんを車ごと持ち上げて落として顔の下半分損壊して両手で抑えるのもいい。

Brightburn
得体の知れんものを育てるとエライ目にあう。エンディング映像だと、ブランドンだけじゃないみたい。JG映画の常連マイケル・ルーカーのチャンネル。クリムゾンボルトもか!うわー、続編見たい!
    関連映画
  • エリカの目に破片が刺さるのは『サンゲリア』(1979)
  • 目にガラスの破片が刺さっても冷静なのは『女囚701号 さそり』(1972)の渡辺文雄
  • ブランドンがケイトリンの手を砕くのは『チャイルド・プレイ3』(1991)
  • 一方の親が子供を信じ、もう一方はおかしいと主張するのは『エスター』(2009)、『オーメン2/ダミアン』(1978)
  • 発生する一連の事故ですが、誰がそれをしたのかは誰にもわかりません。 『エスター』(2009)、『オーメン』(1976)、『エクソシスト』(1973)
  • 親は子供を殺そうとして死ぬのは『悪い種子』(1956)、『オーメン』『キャリー』(1976)
  • 子供だけが生き残るのは『悪い種子』(1956)、『オーメン』(1976)
  • トリがブランドンを刺そうとするショットは『キャリー』(1976)
  • メイン・オン・エンドのビデオサイトで『スーパー!』(2010)のクリムゾンボルトの写真
  • ブライア家は『闇はささやく』(2021)と同じ
  • 学校は『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(2016)と同じ
関連記事

tag : Sci-Fiエイリアン侵略子供ゴア宇宙船超能力

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ