フェイク シティ ある男のルール (特別編)

Street Kings(2008) 109分
フェイク シティ監督:デヴィッド・エアー
原作・脚本:ジェームズ・エルロイ
脚本:カート・ウィマー、ジェイミー・モス
出演:キアヌ・リーヴス(森川智之)、フォレスト・ウィッテカー(立木文彦)、ヒュー・ローリー(牛山茂)、クリス・エヴァンス(土田大)、コモン(高瀬右光)、マルタ・イガレータ(小林沙苗)、ナオミ・ハリス(若原美紀)、ジェイ・モーア(横堀悦夫)、ジョン・コーベット(相沢正輝)、アマウリー・ノラスコ(飯島肇)、テリー・クルーズ(乃村健次)

フェイク シティハウス先生もスクレも声が違う。でも、ヒュー・ローリーの声は牛山茂の方が合ってる。腐敗した警察の話で、銃もマニアックで面白かった。善人だと思った人達が実は悪人で、一見悪な人達が善人だった。その渦中にキアヌ。悪の側面を持った善人。


tag : 吹替え クライム 警察

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示