fc2ブログ

『アンという名の少女』シーズン3

Anne with an E
Anne with an E(2019)シーズン3:10話

Anne with an Eショーランナー・脚本:モイラ・ウォリー=ベケット 原作:L・M・モンゴメリ『赤毛のアン』
監督:ポール・フォックス、アマンダ・タッピング、アン・ウィーラー、ノーマ・ベイリー
撮影:ジャクソン・パーレル、キャサリン・ルーテス 音楽:アミン・バティア、アリ・ポスナー
タイトル:イマジナリー・フォーセス
出演:アン・シャーリー:エイミーベス・マクナルティ(上田真紗子)、マリラ・カスバート:ジェラルディン・ジェームズ:(一柳みる)、マシュー・カスバート:R・H・トムソン(浦山迅)、ギルバート・ブライス:ルーカス・ジェイド・ズマン(金本涼輔)、ダイアナ・バリー:ダリア・ベラ(米倉希代子)、レイチェル・リンド:コリーン・コスロ(堀越真己) 、ジェリー・ベイナード:エイメリック・ジェット・モンタズ(霧生晃司)、ルビー:カイラ・マシューズ(森千晃)、ミュリエル・ステイシー:ジョアンナ・ダグラス(園崎未恵)、ジョセフィン・バリー:デボラ・グローバー(沢田敏子)、バッシュ:ダルマー・アブセイド(須藤翔)、ジョーシー・パイ:ミランダ・マッキーオン(弘松芹香)、メアリー:カーラ・リケッツ(弘松芹香)、カクエット:キアウェンティオ(朝井彩加)

Netflixドラマ。かなりよかった。16歳から大学入学まで。どの話もIMDBで9以上だけある。監督4人中3人は女性監督。19世紀のプリンス・エドワード島の文化や生活がよくわかる。先住民の強制教育、女性の自立、言論規制。古い考え方や偏見を変えようとするアンたち。

特に3話でアヴォンリーの人たちが復活祭でメアリーを励ます話はめっちゃ暖かくてよかった。6話の夏祭り楽しかった。そして7話でアンとダイアナが絶交する。アンとギルバートのすれ違い描写もたまらん。ギルバートはイイやつだ。とことんイイやつ。ステイシー先生素敵。絶望のアンに「悲しい思いをしなければ、喜びも感じられない。一番深く沈むことのできる人が、一番高く羽ばたくことができる」

アンも成長したねえ。イマジナリーフレンドと決別し、おしゃべりじゃなくなってずいぶん落ち着いた。相変わらずキレやすいけど。マリラとレイチェルもC-3POとR2-D2みたいで楽しい。

ダイアナが花嫁学校じゃなく大学を許された理由と、拉致されたカクエットの救出はどうなった?これで終わりだなんて。大人の事情でこのシーズンで打ち切りは残念。てことで、シーズン4制作の署名運動が起こってる。6月現在152万人!

tag : ドラマNetflixTVシリーズ人種差別救出

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ