恋愛適齢期

Something's Gotta Give(2003) 128分
恋愛適齢期監督:ナンシー・メイヤーズ
出演:ダイアン・キートン(松岡洋子)、ジャック・ニコルソン(勝部演之)、フランシス・マクドーマンド(藤生聖子)、キアヌ・リーヴス(山野井仁)、アマンダ・ピート(加藤ゆう子)

恋愛適齢期よくできたコメディだった。笑えるし、あったかい。D.キートンも J.ニコルソンもかわいかった。ジャックのケツ、ダイアンの全裸。老眼鏡、パリ、バラ色の人生。さすがはナンシー・マイヤーズ。キアヌはちょっとキモチ悪い。D.キートンの声はジェインウェイ、いい感じだった。スタさんが出とった。特典の削除シーンはジャックが歌うシーンだけなんだけど、これがすんごいよかった。カンペみながらフランス語で。泣ける。もったいない-。


tag : コメディ 吹替え

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示