fc2ブログ

『レッド・オクトーバーを追え!』吹替版

The Hunt for Red October
The Hunt for Red October(1990)135分

The Hunt for Red October監督:ジョン・マクティアナン 脚本:ラリー・ファーガスン、ドナルド・スチュワート
原作:トム・クランシー『レッド・オクトーバーを追え』
撮影:ヤン・デ・ボン 音楽:ベイジル・ポールドゥリス
VFX:ILM、ボス・フィルム
出演:ラミウス艦長:ショーン・コネリー(小林清志)、ジャック・ライアン:アレック・ボールドウィン(富山敬)、マンキューソ艦長:スコット・グレン(納谷六朗)、ジェームズ・グリーア中将:ジェームズ・アール・ジョーンズ(加藤正之)、ボロディン副長:サム・ニール(西村知道)、ルイセンコ大使:ジョス・アクランド(今西正男)、ジェフリー・ペルト補佐官:リチャード・ジョーダン(吉水慶)、イワン・プーチン:ピーター・ファース(稲葉実)、ペトロフ軍医:ティム・カリー(辻親八)

ひっさびさに見た。魚雷の特撮がイマイチだった。サム・ニール副長、合衆国亡命後の夢語るから死亡フラグがw
この吹替えは初めて見たけど、TBS版の方がいい。特にスコット・グレンの納谷六朗が合ってない。

キャタピラー・ドライブ、あったら面白いなー。レッドオクトーバーは赤、ダラスは青、コノバロフは緑。エンタープライズのSH-60Bシーホーク、いい。
    関連映画
  • 以降のジャック・ライアン・シリーズは『パトリオット・ゲーム』(1992)、『今そこにある危険』(1994)、『トータル・フィアーズ』(2002)、『エージェント:ライアン』(2014)、『ウィズアウト・リモース』(2021)
  • F-14が甲板で炎上した映像は『第八ジェット戦闘機隊』(1958)のF9Fの事故シーン
  • 潜水艦の乗員が歌うのは『眼下の敵』(1957)
  • ロシア語を話す人物にズームインすると英語になるのは『ニュールンベルグ裁判』(1961)
  • 空母エンタープライズのコールサイン「スターベース」は『スタートレック』宇宙軍法会議(1967)から
  • ライアンがコックと対する部屋は『2001年宇宙の旅』(1968)
  • ジャック・ライアンが「私は本を書くだけです!」と言うのは『コンドル』(1975)
  • 潜水艦の乗員が『シーナ』(1984)に言及
  • テディベアは『ダイ・ハード”(1988)と同じ
  • モンタナを夢見たサム・ニールは『ジュラシック・パーク』(1993)で旅行することになる
関連記事

tag : 海軍潜水艦CIAシリーズ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ