fc2ブログ

1941年の『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』

Torpedo
Torpedo U-235(2019)90分

Torpedo監督:スベン・ハイブリクス 脚本:ヨハン・ホーレマンス、スベン・ハイブリクス
撮影:ダニー・エルセン、ロベルト・ヘイバート、コブ・ヴァン・スティーンバーグ
音楽:ハンネス・デ・マエイヤー VFX:ムービーFX
出演:スタン:ケーン・デ・ボーウ(西垣俊作)、フランツ:トゥーレ・ライフェンシュタイン(菊池康弘)、ナディーン:エラ=ユン・ヘンハルド(北村幸子)、フィリップ:ジョレン・セルズラックツ、クリシー:スヴェン・デ・リッダー、フォンツ:ベルト・ハウフート、クリーチバウム:マルチン・ゼメルロッゲ、ウェナー:ロベルヒト・ハンデン・トーレン、プラーグ:ジル・デ・シュリバー(伊藤聖将)

プライムで見た。邦題から、Uボートを強奪するミッションだと思ったら全然違った!Uボートはすでに英海軍が強奪済み。そのUボートを使って、ベルギーのならず者部隊がコンゴからアメリカまでウランを運ぶミッション。U-235ってのはUボートの艦名じゃなくてウラン235のことで原爆製造のため。つまり潜水艦版『恐怖の報酬』になるのかな?そうじゃないけど面白かった!

最初にナチの将校を捕らえるシーンから斬新な演出。水を使った演出が冴える!将校を拷問するシーン、対空機銃掃射しながらの潜航シーン、スタンの息子がSSに殺されるシーン、艦内で溺れるナディーンの救出シーン。

ミッションに向けて、Uボートの操艦方法を捕虜の元Uボート艦長が指導してくれる。その過程で内部も紹介される。急遽出撃になっちゃって、不慣れなベルギーチームは失敗ばっかり。ドイツ人の元Uボート艦長は頼もしくてカッコイイ。敵のUボートを撃破するけど、駆逐艦と衝突して海底へ。ここでも活躍するのもドイツ人艦長、男気あるねえ。

U-235
ベルギーのならず者部隊を乗せてC-47でコンゴへ!

U-235
衝撃的なシーン

U-235
対空機銃を撃ち続けたまま潜航していくカッコよさ
    関連映画
  • Uボートを題材にした映画は『海の底』(1931)、『潜水艦轟沈す』(1941)、『眼下の敵』(1957)、『鮫と小魚』(1957)、『U-47出撃せよ』(1958)、『U・ボート』(1981)、『ザ・ラストUボート』(1993)、『U-571』(2000)、『Uボート 最後の決断』(2003)
  • 戦時中に潜水艦での輸送ミッションは『潜水艦イ-57降伏せず』(1959)、『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965)
関連記事

tag : 潜水艦WWII救出ミッション拷問チーム駆逐艦航空機

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ