fc2ブログ

ハリウッド史上最も危険な『ROAR/ロアー』

Roar
Roar(1981)102分

Roar監督・脚本:ノエル・マーシャル
撮影:ヤン・デ・ボン 音楽:ドミニク・フロンティア
出演:ティッピ・ヘドレン、ノエル・マーシャル、メラニー・グリフィス、ジョン・マーシャル、ジェリー・マーシャル、キャロ・マティヴォ

公開時は『ロアーズ』って邦題だった。地方併映は『クレイジーポリス大追跡』。『エクソシスト』の製作総指揮ノエル・マーシャル&『鳥』ティッピ・ヘドレン夫妻が製作した猛獣パニックコメディ。ライオン、トラ、ヒョウなど大型ネコ科が大量にでてるけど、野生のままで演技してないって!そもそもティッピ・ヘドレン夫妻が資産を担保にしてまで作ったか謎。『エクソシスト』のヒットで得た退勤も投入。

こんなに痛々しいコメディは珍しい。ティッピ・ヘドレンは象にまたがるアクションで足を骨折、ライオンには後頭部を噛まれて38針縫った。メラニー・グリフィスはライオンに殴られて50針縫う怪我。監督・主演のノエル・マーシャルはライオンに噛まれて大流血。そのまま映画になってるが、現場は地獄絵図だっただろう。松島トモ子が苦笑いしそう。本編には出てこないけど、ハリウッド映画デビューのヤン・デ・ボンがライオンに頭皮を抉られて120針以上。助監督もライオンに襲われて瀕死。

6ヶ月の撮影予定が4年にもなったそうで。1978年にダム決壊の洪水で主要なライオンたちが死亡。セットも完成映像も流された。撮影再開後、翌年9月には山火事に巻き込まれたと。不運だねー。映画が完成して1ヶ月後に夫妻は離婚した。
    関連映画
  • ティッピ・ヘドレンと娘のメラニー・グリフィスは『パシフィック・ハイツ』(1990)でも共演
  • 同時期のライオン映画は『ホワイト・ライオン/大草原の奇跡』『マン・ハンティング/人間狩り』(1981)
  • 『鳥』(1963)+『野生のエルザ』(1966)を目指した
  • 『猛獣映画・撮影の惨劇』(2017)はメイキング・ドキュメンタリー
関連記事

tag : コメディドキュメンタリー家族パニック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ