fc2ブログ

『フライト・クルー』

Экипаж
Экипаж(2016)123分

Экипаж原作・監督:ニコレイ・レベデフ
脚本:ティホン・コルネヴ、ユーリー・コロトコフ、ニコレイ・クリコフ、ニコライ・レベデフ、アレクセイ・オニシチェンコ
撮影:アイレク・ハートウィッツ 音楽:アルテム・ヴァシリエフ
VFX:デクスター・スタジオ
出演:グシチン:ダニーラ・コズロフスキー、ジンチェンコ:ウラジミール・マシコフ、アレクサンドラ:アグネ・グルダイト、シェスタコフ:セルゲイ・ガザロフ、ニコライ:セルゲイ・シャクロフ、ミハイル:ヴァシリ・ミシュチェンコ、ピーター:オレグ・フォミン、アンドレウ:セルゲイ・ケンポ、イリーナ:エレナ・ヤコヴレワ、ビクトーリヤ:カテリーナ・シェピツァ、バレラ:セルゲイ・ロマノヴィッチ

プライムで観た。壮絶なヒコーキ映画だった!ロシア映画すげえ!栗原小巻が出てたソ連映画『エア・パニック'81 地震空港・SOS大型旅客機に墜落の危機』(1979)のリメイク。

前半50分は後半への伏線セットアップでゆるい。父と息子の確執や職場ロマンス。ルール遵守の機長と信念で飛ぶ訓練生。オビ・ワンとアナキンみたいな関係。機長の言い分が尤もなだけのパイロット物語。機材はTu-204。それが後半は阿鼻叫喚のデザスター航空パニック映画になる!飛行中に島の大地震を知って、残された人々の救出に行く『南海の大決闘』。

Экипаж
そこは『世界崩壊の序曲』で火山が噴火。空港ビルは倒壊し、空港に溶岩が流れ込み、滑走路が分断されて地獄絵図。
使える滑走路は短い!危険度と絵面は上回る。エンジン出火、ギア動作不良、視界不良の『メーデー』ネタも降りかかる。

Экипаж
先行の貨物機が燃料切れに。その救出にTu-204の乗客が同意するシーンは感動。さらに乗客も救出に協力する一体感。乗り移った乗客に暖かいコートを差し出しおばちゃんたちも素敵。

Экипаж
高度3万3000フィートの貨物機から乗客がTu-204に空中脱出。『タワーリング・インフェルノ』『エアポート75』と70年代パニック映画を彷彿。ただ、緊急脱出時に「荷物を持ってください」はあり得ない。天候不良で、右主脚なしの緊急着陸。保安員モードのCAさんたち、声を枯らして指示。最後の最後まで手に汗握る展開だった。
    関連映画
  • 『エア・パニック'81 地震空港・SOS大型旅客機に墜落の危機』(1979)のリメイク
  • 火山が噴火する島から避難するのは『世界崩壊の序曲』(1980)
  • カゴで避難民を救出するのは『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966)
  • ジェットヘリから飛行中の旅客機に乗り移るのは『エアポート75』(1974)
  • 空中を渡るときに落下するのは『タワーリング・インフェルノ』(1974)
関連記事

tag : 航空機デザスター脱出パニックリメイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ