fc2ブログ

『めぐり逢えたら』

Sleepless in Seattle
Sleepless in Seattle(1993)105分

Sleepless in Seattle監督:ノーラ・エフロンス 脚本:ノーラ・エフロン、デヴィッド・S・ウォード
原案:ジェフ・アーチ
撮影:スヴェン・ニクヴィスト 音楽:マーク・シャイマン
VFX:VCE
出演:サム:トム・ハンクス、アニー:メグ・ライアン、ウォルター:ビル・プルマン、ジョナ:ロス・マリンジャー、ベッキー:ロージー・オドネル、ジェシカ:ギャビー・ホフマン、グレッグ:ヴィクター・ガーバー、スージー:リタ・ウィルソン、ヴィクトリア:バーバラ・ギャリック、マギー:キャリー・ローウェル、ジェイ:ロブ・ライナー

アニーがシアトル行って、浜辺で遊ぶサムとジョナを黙って見つめるのがいい。翌日の道路を挟んでのニアミス。サムとアニーはめぐり逢えるのか?間違った筋に進むサムをジョナが必死に修正するのがかわいい。バレンタインデーにエンパイア・ステート・ビルの展望台で会いましょう。展望台からマンハッタン全景になるすんごい空撮。

エンパイア・ステートにハートのライトアップ。アニーが切り出した婚約解消を快く受け入れるウォルターいい奴!アニーを不快にさせない。エンパイア・ステートに走るアニー、エレベーターですれ違うサムとアニー。そしてついに展望台で!これを待ってた!感動〜。ラスト5分のためにある映画。ケーリー・グラントの『めぐり逢い』(1957)が観たくなる。

27年前のトム・ハンクス。『プリティ・リーグ』と『フォレスト・ガンプ』の間。ヴィクター・ガーバーとビル・プルマンも若いねー。
    関連映画
  • エンパイア・ステート・ビルで会う『めぐり逢い』(1957)は映画全体のモチーフで、TVでも参照している
  • 『めぐり逢い』(1957)のオリジナルは『邂逅』(1939)、リメイクは『めぐり逢い』(1994)
  • ウォルターが『打撃王』(1942)のルー・ゲーリッグのモノマネをする
  • サムがケーリー・グラントの映画で思い出すのは『ガンガ・ディン』(2017)
  • サムとグレッグが『めぐり逢い』に対して『砲艦サンパブロ』(1966)を言及
  • サムとグレッグが泣いた映画は『特攻大作戦』(1994)
  • サムの妻が「here's looking at you」と言うのは『カサブランカ』(1942)
  • サムがジョナに見てないのかと言うのは『危険な情事』(1987)
関連記事

tag : NYコメディクリスマス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ